PTSD(心的外傷後ストレス障害)の特徴

|

 

PTSD(Posttraumatic  Stress  Disorder)

心的外傷後ストレス障害の特徴


●PTSD(Posttraumatic  Stress  Disorder)は、

心的外傷後ストレス障害という病気です。

災害や事件などにあって、その体験がトラウマとなり、

生活に支障がでている状態を指します。

 

●災害や事件、事故による甚大な被害は、

人間の心にトラウマとなって残り、PTSD症状を引き起こします。

PTSDは、もとはアメリカで注目された考え方で、

戦争体験の後遺症として研究されてきた概念です。

それが日本で震災や事件にあった人にもみられることがわかり、

日本でも研究されるようになったのです。

 

●PTSD、トラウマという概念は、

このような経緯を経て日本社会に普及してきましたが、

まだ理解は十分とは言えず、多くの誤解をともなっているようです。

PTSD症状に苦しむ人が、周囲の誤解によって傷つき、

二次的な被害をうけることも決して少なくありません。

 

◆大きな災害や事件にあうと、精神的にダメージを受けます。

なかでも傷が深い人は、PTSDなどのストレス反応におそわれ

当時の恐怖を何度も思い出し、苦しみます。

 

 


PTSD 主な3つの特徴


*アメリカの精神医学会による診断基準では、PTSDの中核症状は主に3つに分かれています。

3つすべてが1ヶ月以上続く場合にPTSDと診断されます。

 

【再体験】

・トラウマ体験を思い出す。似たような状況におかれたとき不安や恐怖を感じる。

 

【回避・まひ】

・体験を思わせるもの、状況、場所、人などをさける。体験のことを思い出そうとしない。

 

【過覚醒】

・小さなことを気にするようになり、なんでもないことで驚いたり、怒ったりする。

・事件のことを思い出して気分が悪くなり仕事に集中できない。

 

◆対応◆ *事件後の変化を自覚する。

 

・事件後に自分の身に起きた変化のなかに、PTSD症状があります。

どのような変化があるか自覚して、そこを改善していくことが適切な対応です。

 

*心身や生活の変化を知る

*変化した部分を元に戻す

 

 

 

 

 


※参考文献
*「PTSDとトラウマのすべてがわかる本」2007 飛鳥井望/監修 講談社

*「PTSD治療ガイドライン エビデンスに基づいた治療戦略」 金剛出版
 エドナ・B・フォア、テレンス・Mキーン、マシュー・J・フリードマン/編

 

 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

このブログ記事について

このページは、sscが2009年10月25日 00:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知性化(防衛機制)」です。

次のブログ記事は「PTSDの診断基準」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。