ASDの診断基準

|

ASD(Acute  Stress  Disorder)急性ストレス障害の診断基準

 

 

【A】 その人は以下の2つがともに認められる外傷的な出来事に暴露されたことがある。

 

(1)実際にまたは危うく死ぬまたは重傷を負うような出来事を、1度または数度、あるいは
   自分又は他人の身体保全に迫る危険をその人が体験し、目撃し、または直面した。

(2)その人の反応は強い恐怖、無力感または戦慄に関するものである。

 

【B】 苦痛な出来事を体験している間、またはその後に、以下の解離症状の3つ(またはそれ以上)がある。

 

(1)麻痺した、孤立した、または感情反応がないという主観的感覚

(2)自分の周囲に対する注意の減弱(例:"ぼうっとしている")

(3)現実感消失

(4)離人症

(5)解離性健忘(すなわち、外傷の重要な側面の想起不能)

 

【C】 外傷的な出来事は、少なくとも以下の1つの形で再体験され続ける

    ・反復する心像、思考、夢、錯覚、フラッシュバックのエピソード、
     または、もとの体験を再体験する感覚
    ・または、外傷的な出来事を想起させるものに暴露されたときの苦痛。

【D】 外傷を想起させる刺激(例:思考、感情、会話、活動、場所、人物)の著しい回避。

 

【E】 強い不安症状または覚醒の亢進(例:睡眠障害、いらだたしさ、集中困難、過度の警戒心、
    過剰な驚愕反応、運動性不安)。


【F】 その障害は、臨床上著しい苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における
    機能の障害を引き起こしている、または外傷的な体験を家族に話すことで必要な助けを
    得たり、人的資源を動員するなど、必要な課題を遂行する能力を障害している。


【G】 その障害は、最低2日間、最大4週間持続し。外傷的出来事の4週間以内に起こっている。

 
【H】 障害は、物質(例:薬物乱用、投薬)または一般身体疾患の直接的な生理学的作用によるものではなく、
   短期精神病性障害ではうまく説明されず、すでに存在していた1軸または2軸の障害の単なる悪化でもない。 

 

 

 

 

 

※参考文献:「DSM-IVーTR 精神疾患の分類と診断の手引」 高橋三郎、大野裕、染矢俊幸/訳 医学書院

 

 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

このブログ記事について

このページは、sscが2009年10月29日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ASD(急性ストレス障害)の特徴」です。

次のブログ記事は「トラウマ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。