トラウマ

|

・・・◆・ トラウマ ・◆・・・

 

トラウマとは、簡単にいうと心の傷のことです。
日常の不安や恐怖などの一時的な症状と違って、心が傷つき、それが残り続けることを言います。

 

不安や恐怖は、一時的に強いストレスとなりますが、時間がたてば弱まり、気にならなくなるものです。
いっぽう、トラウマは、時間が解決してくれるというわけにはいかないものなのです。

 

 

 

・・・◆・ トラウマ*の影響 ・◆・・・

 

*トラウマを体験すると、そのショックで考え方がネガティブになったり、
価値観が変わったりして、現実感を失い、以前の自分との違いに苦しみます。



●価値観がガラッと変わる

・トラウマ体験は、人生を揺るがすような衝撃的な出来事です。
体験をする前には当たり前のように信じていた安全、幸福、友情といった価値観が、
まったく信じられないものに変わってしまうことがあります。

 

【以前の価値観】
・夢はかなうと信じているから、何事にも前向きに取り組める。

 

【体験後の価値観】
・つらい体験によって何も信じられなくなり、ひきこもってしまう。

 

 


・・・◆・ トラウマ*による苦しみと辛さ、孤立感 ・◆・・・

 

・トラウマ体験は、被害者の人生を一変させてしまいます。
夢や希望を信じることができなくなり、悲観的な価値観に心を支配されます。
あまりのつらさに、人生が悪夢のように感じられ、現実感をもてません。

 

・その気持ちを「自分のいる世界はもう壊れてしまった」
「いつか悪夢からさめて、すべてなかったことになるような気がする」などと表現する人もいます。
被害者の内面は大きく変わってしまっているのですが、それは、周囲にはなかなか理解されません。

 

 

 

 

 

 

 


※参考文献
*「PTSDとトラウマのすべてがわかる本」 飛鳥井望/監修 講談社

*「PTSD治療ガイドライン エビデンスに基づいた治療戦略」 金剛出版
 エドナ・B・フォア、テレンス・Mキーン、マシュー・J・フリードマン/編

 

 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

このブログ記事について

このページは、sscが2009年10月30日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ASDの診断基準」です。

次のブログ記事は「働く人の電話相談室」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。