知性化(防衛機制)

|

● 防衛機制(※A・フロイト)の中に「知性化」があります ●


「割り切れないもの、非合理的なもの、情緒的なものを知的に割り切ろうとすること」

・「知性化」は、アンナ・フロイトによって理論化された防衛機制のひとつで青年期によくみられる。

アンナ・フロイトによれば、自我に必要な能力のうち、
一般的かつ最も必要な初期に獲得されるべき能力のひとつとされている。
自我が不安をコントロールし、緊張を減少させるために、
心の葛藤や、感情、欲動などを衝動的に解放せず、それらを論理的にとらえて、
意識的に処理できるようにコントロールしようとするプロセス。



知性化」が働くと、感情や衝動欲求を直接的に表現したり、解放するのではなく、

もっぱら知性の働きによって観念的に対処してしまいます。

計算でもするかのようにアタマ(左脳)だけを使う感じでしょうか・・。



= : = : = : = : = : = : = : =



心理学講座や本で知識を豊富にしていくと、この知性化がおこる場合があります。

「知性化」がおこると自分の問題がすべて解決できたような錯覚に陥るかもしれません。

この錯覚から抜け出すには、様々な方法を使ってひとつひとつ、

自分のカラダの内面に覚えさせていく作業(訓練)を繰り返していきます。


自転車で言えば「バランスをとり怪我しないように効率よく上手に乗りこなすこと」でしょうか。

そうなるためにはやはり、「練習」が必要ですね^^。

トレーニング中、なかなか思い通りにならないなぁ~と強く感じることもあります。

(知性化は、第2段階でしょうか。一番難関な段階かもしれません)


カウンセラーは伴走者になることはできますが「走者」そのものにはなれません。

主人公の「走者」はもちろん!あなた自身だからです。



【各段階】

● 第1段階:知識がない状態

● 第2段階:知識はあるができない状態

● 第3段階:意識すれば知識を使ってできる状態

● 第4段階:意識しなくてもできる状態


= : = : = : = : = : = : = : =


※アンナ・フロイト(1895~1982)

精神分析の創始者:ジークムント・フロイトの末娘。1918年、父から精神分析を学ぶ。
「ウィーン生まれ:イギリスの精神分析家」「児童精神分析」の開拓者

子どもの精神分析に取り組み、両親の協力と治療を重視し、
自由遊びを中心とした児童分析を行った。

「遊戯療法」の先駆者。著書に「児童分析技法入門」(1927)がある。

防衛機制という言葉を初めて用い、
抑圧、退行、反動形成、隔離、投影、否認などを取り上げた。

 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

※参考文献:「自我と防衛」1936 アンナ・フロイト/著 誠信書房
※参考文献:「臨床心理学キーワード」2005 坂野雄二/編 有斐閣

このブログ記事について

このページは、sscが2009年10月24日 19:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子どもの権利」です。

次のブログ記事は「PTSD(心的外傷後ストレス障害)の特徴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。