機能不全家族

|

機能不全家族

★心を傷つけるような機能不全な家族はただひとつのパターンがあるわけではなく、

いろいろな型があります。

一般的に言って、機能不全な家族とは、力のある上のメンバーが下のメンバーを抑圧し、

安全を守ることができず、適切な愛情や保護が与えられず、一人一人の人格や個性が

尊重されない家族です。

たとえば、身体的にも経済的にも、力関係で一番上にいる父親が、下にいる母親と子どもを

アビューズ(虐待)し、母親が子どもをアビューズし、大きな姉や兄が弟や妹を、

アビューズするというものです。

ある程度の機能不全は、どこの家族にもありますが、それが常に起こっていて、

パターンになっていたり、頻度は少なくても程度がひどかった場合には

メンバーの傷となってあとの人生に影響を与えます。

こころの傷は暴力をふるわれたなどの直接的な原因だけでなく、

家族の人間関係などで間接的に傷つく場合もあります。




機能不全家族チェックリスト

つぎのチェックリストの中で、自分の育った家族にあてはまる項目に印ををつけてみてください。


□ 身体的なアビューズ(虐待)があった

□ 性的アビューズがあった

□ 精神的、感情的、言語的なアビューズがあった

□ 怒りの爆発がよく起こっていた。いつも怒りが爆発するかと恐れていた

□ 愛のない冷たい家族だった

□ 人格を否定するような雑言や怒鳴り声が飛びかっていた

□ 威しがあった

□ 他人や兄弟姉妹といつも比べられた

□ 親の思い通りになるようにコントロールされた

□ 親の期待が大きすぎる家族

□ 他人の目を気にする、表面だけ良くふるまう家族

□ あまりにも多くの秘密があったり、外に出してはいけない大きな隠しごとがあった

□ 顔や姿かたちについてからかわれたりばかにされたりした

□ 親と子供の関係が逆転していた

□ 子どもを過度に甘やかした

□ 自分の存在を否定された

□ 依存症や共依存症の親がいた

□ 家のなかのルールに一貫性がなかった



==================================



ここにあげられていることが、ごくたまにではなく、頻繁に起こっていたとしたら、

あなたの家族は機能不全な家族であり、

あなたは家族の中で安全さや快適さを感じることができなかったことでしょう。

また、こうした家族関係のなかで、あなたが間違った人間関係のつくり方や、

間違った自己評価を学んでしまった可能性があります。



 

 

 


※参考文献:「アダルトチルドレン 癒しのワークブック」2007 西尾和美(著) 学陽書房

 

 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

このブログ記事について

このページは、sscが2009年11月 3日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「健全な人間像」です。

次のブログ記事は「共依存」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。