防衛機制

|

防衛機制(適応機制)

 

私たち人間は危機にさらされた時、心の安定を図るため無意識的な働きをします。

これを「防衛機制」(適応機制)といいます。

防衛機制は、私たちが安全に生き抜くための「こころの安全装置」のようなものです。

あなたのこころの中ではどんなことが起こっているのか、

もしかしたら、それを知る手がかりになるかもしれません。

 

 

【防衛機制とは】

本能的欲求(イド)と、それを満たすことにできない現実(超自我)との間に

葛藤が起きた時、極端な自己喪失や不安などによる人格の崩壊を防ごうと

無意識的に行われる自我の働きを指す。

実際に問題は解決したいないが、現実上はうまく適応したように生活を続ける。

あまり防衛機制に偏ると問題解決能力に欠け、不適応に陥りやすくなる。

 

防衛機制には、抑圧、退行、反動形成、置き換え、合理化、昇華、投影、同一視などがある。

 

 

☆............☆............☆............☆............☆............☆............☆............☆

 

 

【抑圧】:苦痛な感情や記憶などを意識から追い出し、無意識へと閉め出す事。

◎ 受け止めきれなくなり、その出来事自体を忘れ、何も感じなくなってしまう。
思い出したくない過去の経験、出来事等を、無理やり自分の意識に上らせないように押さえつける。
言い間違えなど。



【反動形成】
: 「抑圧」した考えや感情と正反対のことをする「防衛機制」です。

◎ 好きな異性に対して意地悪をするなど。

【置き換え】:自分の感情が本来のものに対して持っているものとは逆のものに置き換えてストレスを解消する
◎ 全く無関係な人やモノに攻撃を加える。いじめ、やつあたり、または、皮肉、嫉妬

 

【逃避】: 「葛藤」を引き起こすような状況から逃げ出すことで、不安や緊張、恐怖をなくし、自分自身を守ろうとすること

◎ "楽しいこと"に熱中することで、嫌なことを思い出さないようにする。
病気になって苦しい現実から逃げ出すことも「逃避」の一種

 

【同一視】:自分にとって重要な他者と自己とを同じものと見なす事。

◎ 親の目標を自分の行動目標にする:東大合格!など

 

【投影】:自分自身が「抑圧」している考え方や感情を、ほかの人が持っているように感じてしまうこと。

◎ 例えば、会社の上司をひどく嫌い→本当は自分の心のなかにある「嫌悪感」を、相手の心のなかにあると思いこもうとします。自分が相手を嫌っているのではなく、相手が自分を嫌っていると思いこもうとするわけです。これが「投影」です。
この心の働きは無意識に行われるため自分自身ではなかなか気づきません。

 

【合理化】:満たされなかった欲求に対して、適当な理由を付けて正当化しようとする事。

◎ キツネがぶどうを取ろうとしたが、手が届かずに取ることが出来なかった。
その時、「あのぶどうは酸っぱいのさ!」とするのがすっぱいブドウ。
欲しくは無かったが自分の物となったレモンを甘いと言い張るのが甘いレモン

 

【退行】:以前の発達段階へと戻る事。

◎ ストレスの状況にうまく対処できない時、赤ちゃんや小さい子供のようになること。
何かに満足できない子供が赤ちゃん言葉を使ったり、鼻声を出して、母親に甘えたりする。

 

【昇華】:非社会的な欲求を、社会に受け入れられる価値ある行動へと転じる事。

◎ おさえつけられた性欲が、詩や小説、スポーツなどにむけられること

 

【補償(代償)】:ある事柄に対し劣等感を持っている際、他の事柄で優位に立ってその劣等感を補おうとする事。

◎ 勉強が苦手な子供が、スポーツをがんばって、ほかの人より優れることで補おうとするようなこと




 

私たち人間の「こころ」はとても繊細で複雑。ご自身の中で、何か気になることや「心あたり」は、

ありましたか?少しでも、何かの気づきにつながっていただけたなら幸いです。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

【アンナ・フロイト】(Anna Freud, 1895年12月3日~1982年10月9日)

 

精神分析の創始者・ジークムント・フロイトの娘で、イギリスの精神分析家。児童精神分析の開拓者。

ウィーン生まれ。ウィーンのコッタージ・リセウム(Cottage Lyceum)に学ぶ。

1914年にイギリスに渡り、戻って自分が学んだリセで教鞭をとる。

1918年、父から精神分析を学び、その道に入る。

最初の論文は、1922年発表。1923年から精神分析家としての実践を開始。

同年、父ジークムントが癌である事が判明、以来雑務に支障を来たすようになった父親に代わり、

国際精神分析学会の事務局長、ウィーン精神分析訓練研究所の所長などを引き受ける。

1939年、父親が死去してからは、ますます児童心理学に専念。

メラニー・クラインとの研究上の意見の相違からイギリスの精神分析学会で論争を引き起こす。

その間にも弟子(たとえば、エリク・エリクソンなど)を多数育て、

戦争が子ども達に与えた影響なども調査。

特に、幼児の防衛機制についての研究が名高い。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

【ジークムント・フロイト】(ドイツ:Sigmund Freud 1856年5月6日~1939年9月23日)

 

オーストリアの精神分析学者。オーストリアの白人系ユダヤ教徒アシュケナジーの家庭に生まれた。

神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、自由連想法、無意識研究、

精神分析の創始を行い、さらに精神力動論を展開した。

非常に詳細で精密な観察眼を示す症例報告を多数残した。

それらは、現在においても次々と新しい角度から研究されている。

フロイトの提唱した数々の理論は、のちに彼の弟子たちによって

後世の精神医学や臨床心理学などの基礎となったのみならず、

20世以降の文学・芸術・人間理解に広く甚大な影響を与えた。

弟子たちは、フロイトの考え方のどこかしらを批判した上でこれを受け継ぎ、

様々な学派に分岐し、それぞれ独自の理論を展開していった。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

※【参考文献】

「図説 現代心理学入門」2007年 金城辰夫/監修 培風館
「臨床心理学キーワード」2005年 坂野雄二/編 有斐閣双書
「心理学で学ぼうこころと脳のふしぎ」2002年 こころと脳のふしぎ編集委員会/著 汐文社

「自我と防衛」1985 A・フロイト/著 誠信書房
「自我と防衛機制」1998 アンナ・フロイト著作集 A・フロイト/著 岩崎学術出版社
「自我論 不安本能論」1970 S・フロイト著作集 S・フロイト/著 人文書院
「S・フロイト自我論集」1996 ジークムント・フロイト/著 筑摩書房 

 

 

 

 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

このブログ記事について

このページは、sscが2009年11月 6日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アダルトチルドレン」です。

次のブログ記事は「仙台カウンセリング|心の世界」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。