注意欠如多動性障害(AD/HD)

|

 

日本の精神医学や精神発達臨床の活動では、

ADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)は1990年代後半から

『発達障害の亜型(一種)』として治療・教育の方針が立てられていた。

しかし、DSM-Ⅳではアメリカ精神医学会(APA)はADHD(注意欠如・多動性障害)を

発達障害の現れであるとは考えておらず、

DSM-Ⅳで子供の問題行動・不適応行動を分類している

『ADHDと破壊的行動障害』の中にADHDを分類していた。

 

 

日本では2005年に『発達障害者支援法』が成立して、

法律的・公的にもADHDが『発達障害モデル』で理解され治療されるようになったが、

これはADHDを神経発達障害(neurodevelopmental disorder)のカテゴリーに分類した

『DSM-5における変更点(ADHDの発達障害としての認定)』

歴史的に先取りする動きでもあった。

 

DSM-Ⅳでは、ADHDは子供の反社会的・非適応的な問題行動を指示する

『破壊的行動障害の一種』とされていたが、

DSM-5では、

『脳の機能障害を前提とする発達障害の一種』として認定されることになった。

 

ADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)の日本語訳は

今まで『注意欠陥・多動性障害』とされることが多かったが、

近年は"欠陥"というネガティブな意味合いのある語感を嫌ってということもあり、

『注意欠如・多動性障害』という訳語が定着してきているようである。

 

DSM-ⅣとDSM-5の診断基準の項目には目立った変更はないが、

DSM-5では『子供の発達障害としてのADHD』の印象を弱めて、

『青年・成人でも発症することがあるADHD』という

"年齢にとらわれない障害(どの年代の人でもなり得る障害であること)"を強調している。

 

ADHDの症状の発現年齢は、

7歳以下から12歳以下へと引き上げられており、

17歳以上の人の診断基準が緩和されて『下位項目を5つ満たせば良い』になっている。

ADHDの重症度の区分として、

『軽度(mild)・中等度(moderate)・重度(severe)』の区別も設定されている。

 

 

 

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

【AD/HD】 (注意欠如 多動性障害)

AD/HD = Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder

 


・発達障害のひとつ(落ち着きのなさを主な問題とする発達障害)

脳の一部の機能不全が原因で、年齢相応の行動が身につきにくいため、

不適応行動が目立つ状態です。「問題児」とみられてしまうこともあります。

 

・外の風景、廊下の音、すべてに気が散る。

・自閉症と併存することが多く、また幼児期には、

どちらの特徴も出て、鑑別診断できない場合がある。

 


●授業中に席を立つ
●不注意で物忘れが多い
●授業中、手もあげず、さされる前に答えを言ってしまう

 


☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 


【3つの主な特徴】
 

・AD/HDには3つの特徴的な症状があり、それらが絡み合い、問題行動として表れます。

どの面が強く現れるかは、人によって、あるいは年齢によって違います。

 

1:不注意

・集中力が持続せず、すぐに気が散ってしまうために、人の話を聞いていられない。

 

2:多動性

・目に映ったもの、耳に聞こえた物音など周囲の刺激に反応しやすい。

静かにじっとしていなければならない状況でも、つい体が動いてしまったり、

ひとりでしゃべって、落ち着きがない。

 

3:衝動性

・結果を考えないまま、行動にでてしまう。

順番を守らず割り込む、人の話をさえぎってしゃべりだす。

思い通りにいかないとすぐ怒るなど、周りが困惑するような行動をとる。

 

 

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

 

【衝動をコントロールしたり注意力を持続させるのが苦手です】


●自分の行動をうまくコントロールできない

・やらなければならないことがあっても、それに集中できない。

別のことに気をとられて反応してしまい、自分で自分の行動が制御できない。


●その場にふさわしくない行動をとる

・集団のなkで期待される行動がとれない。

落ち着きなく動き回ったり、何かしたいと思いたつと、周りの状況を省みずに行動してしまう。


●仲間づくりがうまくできない

・周囲の非難をあびたり、叱責をうけたりすることが多くなる。

周囲に溶け込めず、孤立しがち。

 

 

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

 

 【子どもも困っていることを理解する】


・AD/HDがある子どもたちの行動や状態は、脳の情報処理システムに、

つまづきがあるために起こるものです。

子ども自身もこまっていることを周囲のひとはしっかり認識しましょう。

原因を知るだけでは本当に役立つ支援に結びつきません。

子どもの得意なことをのばしながら、一人ひとりに合った支援方法をみつけることが大切です。

 

 


【集中しようと思っても、どうしてもできない】


・AD/HDがある子どもたちは、「授業中席につく」「忘れ物をしない」といった、

決まりごとを、理解していないわけではありません。

けれど、気になることがあると体や口が動いてしまったり、

ぼんやりしてしまったりするのです。

自分では集中して課題に取り組もうと一生懸命ですが、どうしてもうまくいきません。

周囲の適切な支援を必要としています。

 

 


★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 

 

 


※【参考文献】:「アスペルガー症候群のすべてがわかる本」2007 佐々木正美/著 講談社
※【参考文献】:「AD/HD、LDがある子どもを育てる本」2008 月森久江/著 講談社 
※【参考文献】:「自閉症のすべてがわかる本」 佐々木正美/著 講談社

 


☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

このブログ記事について

このページは、sscが2009年11月20日 00:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自閉症スペクトラム」です。

次のブログ記事は「注意欠如多動性障害に関するQ&A」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。