カウンセリングの聴く技術

|

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆
☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

◆◆◆ 「相談」 と 「心理カウンセリング」のちがい ◆◆◆



心理カウンセリングの重要な技術に「人の話を聴く」ということがあります。

誰もが当たり前にできそうな「人の話を聴く」ということ、これが意外に難しいのです。



相手のためを思って相談にのってあげたのに、なぜかうまく行かないことや、

かえって相手を困らせてしまったという経験があるかもしれません。

最初は親切心から相談にのっていても途中でイライラしてしまったり、

面倒くさいと感じてしまうことがあるかもしれません。


なぜそのようなことになってしまうのか・・・

「人の話を聴く」心理カウンセリングの技術とは

どのようなものなのかについて簡単にご説明します。

 


☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆




◆◆◆ うまくいかない相談 ◆◆◆




相談にのる=「相手の問題点を教えてあげる/解決方法をアドバイスしてあげる事」

だと思っていませんか?



確かに適切なアドバイスは問題解決への近道なのですが、

相手が悩んでいるときに、

「△△が問題だ・・」「◇◇すればうまくいくのに・・」など、

アドバイス"だけ"をすると、

*分かっているけど、できないから困っているのに...

*話を聴いてもらえず、"ああしろ" "こうしろ"ばかり言われた...


と、受け取られてしまうことがあります。

(相手は「指示や命令された」という感覚を持ってしまう)



そして、「相手を何とかしてあげたい」という気持ちが強ければ強いほど、

アドバイスがうまく活かされないときに、

「せっかくアドバイスしたのに...」「どうして分からないんだ!!(怒)」などと

相手を批判したくなってしまうものなのです。

 


☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆
☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆




◆◆◆ 仙台心理カウンセリングの 「聴く技術」 ◆◆◆



心理カウンセリングでは、相談者の話を聴くときに、

「何とかしてあげたい」という自分の気持ちではなく、相談者の気持ちを最優先します。



相手を尊重し、相手の置かれている状況や考え、感じていることなどを

そのまま受容する(受け止める)ようにします。


相談者は、悩んでいることで自分に対して否定的な気持ちになっています。

その気持ちをそのまま受けとめることで、

「本当に自分のことを分かってもらえた」という手応えや安心感を得てもらうのです。

カウンセラーは、まず相手の言うことをそのまま受け止め、理解を示し、

相談者が前向きに自分の問題に取り組むことができるようになったところで、初めて、

相談者自身が持っている解決策や他の人からのアドバイスを

活かせるよう援助していきます。



「相手のために・・」という、まごころを適切に表現する技術――



―― それが心理カウンセリングの 「聴く技術」 と言えます。

 

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆
☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆ 

このブログ記事について

このページは、sscが2009年11月23日 00:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自閉症」です。

次のブログ記事は「ストレスをマネージメントする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。