ストレスをマネージメントする

|

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆
☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

【ストレスをマネージメントする】

 

ストレスは、意識されない 「こころの器」 に溜まって行きます。

器の重さを感じる形で意識にのぼります。

疲れを意識出来るうちは、まだ良好^^☆

さっさと必要な栄養補給をして、適当にリセットして、

数日経つ頃には、次の元気がわいてきます。

ところが、疲れを意識できない程に、疲れてしまう・・というのがあります。




頭では、疲れを認識出来ても、ピリピリ、イライラしてしまう時。

全身で、疲れた自分を実感出来ないまま、幾度となく感情が空回りして、

無理を続けるしか道は無いと思い込む・・。




☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆




"疲れるって一体どういうことだったろう?"



この鈍磨した感情は、いつの間にか様々な闇を惹きつけます。

うつ病や自殺念慮、依存症、暴力的な恋愛、加害者になること、被害者になることなど。

人間関係の崩壊でストレスを受けることもありますが、

処理出来ないストレスが人間関係を壊しもします。

ストレス過多の状態は人間の目を曇らせます。



疲れを感じている自分を意識にのぼらせ、

その都度、気にかけて休養することは、

自分自身のための "大切な仕事" なのかもしれませんね☆

 

 

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆
☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

このブログ記事について

このページは、sscが2009年11月24日 00:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カウンセリングの聴く技術」です。

次のブログ記事は「心に深い傷を抱える人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。