健全な人間像

|

【健全な人間像】

 

 

自分のこころを癒し、心の成長を重ねていく時、どんな人間になったら良いのかの指標。

ここに"健全な人間像"をかかげておきます。



==================================



【1】自己評価の高い人間

【2】権威者も含めて、他人と対等に話ができる人間

【3】自分の考え、態度、行動、言動に責任をとる人間

【4】自分と他人に愛を与えることができるやさしい思いやりのある人間

【5】自分を大切にし、自分の世話ができる人間


【6】自己が確立しており、自分の目標がはっきりしてる人間

【7】建設的な批評を受け入れ、自分の成長に役立てることができる人間

【8】自分と他人の長所や短所をはっきり現実的に認識できる人間

【9】他人の意見を尊重し、しかも適当な自己主張ができる人間

【10】平安さと落ち着きを持つ人間


【11】自分と他人を愛し大切にできる人をまわりにおくことができる人間

【12】常に自己の成長に努力し、必要な知識や技術を身につけていく人間

【13】家族や友人、職場での人間関係を大切にする人間

【14】たとえつらくとも、感じるべき感情を感じ、適当に表現できる人間

【15】ものを決断する時、いろいろなインフォメーションや方法を考慮に入れ考えることができる人間


【16】いったんじっくり考えて出した決断は、結果を恐れず勇気をもって行動できる人間

【17】自分のことだけでなく他人の幸せも考慮できる人間

【18】自己を超越したスピリチュアリティーにふれ、人類全体や自然保護など大きなことに関心をもつ人間

【19】忍耐強く規律に富んでおり、逆境に負けず、失敗から学んでいける人間

【20】人生を楽しみ、喜びを生活の中に組み入れていける人間


【21】自分と他人のバウンダリー(境界線)を尊重できる人間

【22】自分が間違った時はあやまり、他人に感謝の気持ちを表現できる人間




==================================

 




私たち人間の「こころ」はとても繊細で複雑。


ご自身の中で、何か気になることや「心あたり」「目指したい」項目は、ありましたか?


少しでも、何かの気づきにつながっていただけたなら幸いです。

 

 




※参考文献 : 「アダルトチルドレン 癒しのワークブック」2007 西尾和美/著 学陽書房

 

 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆ 

このブログ記事について

このページは、sscが2009年11月 2日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「健全な人間関係」です。

次のブログ記事は「機能不全家族」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。