自動思考

|

★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 


【自動思考を見つめ直す】

 


・「自分の意志とかかわりなく浮かぶ考えやイメージ」を自動思考といいます。

・「自動思考」を意識することにより、自分自身の認知のズレを理解し、修正するヒントが得られます。

・認知のゆがみを修正していくためには、

根拠を探す、結果を予測する、代わりの考えを探す、という3つのチェックポイントがあります。

 

 


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

 

 


※仙台心理カウンセリングのカウンセリングや心理学講座では、

無理なく、徐々に、「認知のゆがみ」を確認して行ける、アプローチ方法を取り入れています。


また、ご自身の希望があれば、不都合なゆがみを修正する方法をカウンセラーと共に考え、

実践(トレーニング)を通して、修正のプロセスを一緒に歩んで行くことが可能です。

 

 


◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

 

 


・・・●~ 3つのチェックポイント! ~●・・・ 

 


【1:根拠を探す】

・気持ちが揺れてしまった時には、その時の自分に浮かんだ考え(自動思考)を、

見つめ直してみましょう。

・その考えには、きちんとした根拠や証拠があるでしょうか。

「そう考える根拠は何か」「それを裏付ける事実はどんなことがあるか」

「それと反対の事実はないか」と、振り返ってみると、

動揺してせまくなった考え方が、もう一度現実的なものになり、少し視野が広がることがあります。

 

 

【2:結果を予測する】 


・それでも元の考えが正しいと思える時には「だったらどうなるんだ」と結果について予測してみます。

・「その考えが本当ならば、どんなことが起きるのか」

「それで、どんな困ることが出てくるのか」「それはどのくらい重要なことか」

などと考えてみると、多くの場合、それほど大変なことはそうそう起こらないし、

起きたとしてもそれなりに対策があると思えてきます。

 

 

【3:代わりの考えを探す】 


・最後に、「では、別のように考えることはできないか?」と自分に質問してみます。

前の2つのチェックで、だいぶ視野が広がっているはずなので、

かなり現実的で幅の広い考え方が見つけられると思います。

 

 


★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 

 


※【参考文献】:「専門医がやさしく教えるうつ病」2007 平安良雄/著 PHP
※【参考文献】:「うつ病・双極性障害で悩まないで」2007 大野裕/著 ナツメ社 
※【参考文献】:「心身症の治し方がわかる本」2007 岩崎靖雄/著 主婦と生活社

 

 


☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

【自動思考】※補足

 

出来事に対し瞬間的に浮かび上がる考えやイメージを『自動思考』といいますが、

普段は意識されることなくすぐに忘れられてしまうもので、

ストレスに大きく影響を与えるものがあります。


【例えば・・・】

怒られた時、『この程度で済んで良かった』と思うか『怒られる自分はダメな人間だ』と思うか、

というようなことです。この思考は、持って生まれた性格によるものではありません。

過去の体験の積み重ねによって自分自身が日々選択してきた「くせ・習慣」のひとつで、

意識することにより、その「受け取り方」の「くせ・習慣」を修正することが可能です。

それにはまず、自覚、認識すること。そこから修正に向かうための第一歩が始まります


 

●自分の「受け取り方」は、いつどのような事がきっかけで完成された?


そんなことに気づきながら徐々に自分自身の思考のくせ・習慣(自動思考)を自覚し、

改善していくことができます。「自動思考」はその人の過去の体験からつくられたものです。

正確にいえば瞬間的に湧きあがる自動思考の背景には、

過去の体験の積み重ねによって形成された何らかの前提(スキーマ)があるということです。

●幼少時期に親(又は養育者)からの拒否を受け続けると、

「自分は人から愛されることはない」といったスキーマが形成され、

そのスキーマを背景とし「誰とも仲良くなれない」「誰からも愛されない」といった

自動思考を繰り返すことになります。

 

●過去の苦痛で不快な体験や精神的な破綻を繰り返さないように「防衛機制」を働かせ、

処理した結果、否定的なスキーマが形成され、

その延長に「歪みをもった自動思考」が出現するということになるのです。


ちょっと難しいかもしれませんが、徐々に自分に合ったペースで理解していくと、

自分自身の「自動思考」に気づくようになります。

 

☆「気づき」(認知)を促し、改善(行動療法)するためのサポートが、

「カウンセリング」だと私は考えています。

仙台心理カウンセリング&スクールの心理学講座「交流分析」は、理論を使って理解しながら、

自分のパターン(自動思考)に気づき、改善していくカリキュラムが含まれております。

 

 

 

※参考文献:「図説 現代心理学入門」2007年 金城辰夫(監修) 培風館
※参考文献:「認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ」
  CBTカウンセリング(単行本)2520円  伊藤 絵美/著 星和書店

 

*「自動思考」「認知のゆがみ」などを改善する方法が記載されている著書が、

数多く出版されています。ぜひご参考にしてください。

 

 

 ☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

このブログ記事について

このページは、sscが2009年12月 4日 00:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「思考パターンの修正」です。

次のブログ記事は「仙台カウンセリング|こころの健康」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。