「うつ」のきっかけ

|

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

●うつを引き起こすきっかけ   ~ 人間関係、環境の変化、仕事・・・? ~


・「うつ」には、誘因やきっかけのようなものがいくつかあります。

しかし、これといって思いあたるきっかけがないままに、うつ状態を強める人もいます。

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 


【うつを引き起こしやすい人間関係】 4項目


・喪失体験

たいせつな人、だいじなものを失うという体験

 

・コミュニケーションギャップ

通じ合っていると思っていた相手との気持ちの大きなズレ

 

・役割の変化

生活や職場における大きな環境の変化と、それに伴う役割の変化

 

・人間関係技術の不足

人間関係をうまく築くための技術不足

 


☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆
★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 


【効果的な療法】 


・認知療法

考え方のクセを見つめ直して修正する


・行動療法

具体的な問題を解決し、行動のコントロール感覚を取り戻す


・対人関係療法

自分にとって大切な人との関係の問題点を整理し解決していく

 


★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 


【思考パターンを修正する:認知行動療法】 


・認知行動療法は、

「抑うつな気分や不安などの精神症状は、認知のゆがみによって生じるもので、

そのゆがみを修正すればうつ病が改善される」という考えに基づいています。

 


・仙台心理カウンセリング&スクールの心理学講座は、

理論を使いながら、受講生自ら、認知のゆがみに気づき、

修正していくことが可能なカリキュラム構成となっております。

 


★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 


・・・●~ 認知行動療法は、このように進められる ~●・・・ 

 


【第1段階】

・認知のゆがみが、自分の感情や行動にどのように影響しているかを明らかにしていきます。

 

【第2段階】 


・自分の見方・考え方が現実的にみて妥当かどうか、
自分の考えはどんな事実に裏付けられているかなどについて検討して行きます。

 

【第3段階】 


・自分の特徴的な思考パターンに気づき、これまでの悲観的・否定的な考え方ではなく、
もっと広い視点で物事をとらえ、現実的な判断ができるようにして行きます。

 

【第4段階】 


・自分が陥りやすい思考パターンをたえずチェックし、
問題が起きた時、悲観的にならずに、うまく解決できるようにして行きます。

 


★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 


※【参考文献】:「専門医がやさしく教えるうつ病」2007 平安良雄/著 PHP
※【参考文献】:「うつ病・双極性障害で悩まないで」2007 大野裕/著 ナツメ社 

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

このブログ記事について

このページは、sscが2009年12月 6日 00:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仙台カウンセリング|こころの健康」です。

次のブログ記事は「問題解決のサイクル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。