交流分析ってなぁ~に?

|

★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★


交流分析(Transactional Analysis) について説明したいと思います。


●交流分析というのは、Transactional Analysis (略してTA)
日本語に訳すと交流分析の意味になります。
つまり人と人との交流、コミュニケーションを分析するって感じでしょうか。


1967年アメリカの精神科医であるエリック・バーンが創案し、
教え始めた、病気や行動についての理論体系であり、それを応用した心理療法です。


 

【TAの特色】

1:全般に簡潔で難しい用語を用いず、努めて多くの人々に理解しやすくできている。

2:自分の姿を現象的にとらえ、客観的にみるための工夫がなされている。

3:自分自身の性格形成の過程を探る作業が含まれている。

4:他人との交流パターンに気づき、改善方法が学べる。

5:TAは理論や方法のどこからでも学べ、学習後すぐに活用できる。

 


*交流分析を学習することにより、自己理解が深まってくると、
相手の行動や性格についても、よりよい理解が可能になるので、
対人関係が改善されてきます。

*交流分析は医療、医学界ばかりでなく、家庭、教育界、産業界でも、
取り入れられています。

 

【TAの考え方】

1:人は誰でも3つの私(自我状態)をもっている。

2:過去と他人は変わらない。他人を変えるより自分を変えるほうがはるかに生産的である。

3:私たちは自分の感情、思考、行動の責任者となり「今、ここ」を生きる。

 

 

【TAの目的】

1:自分への気づきを深めることにより、心身の自己コントロールを可能にすること。

2:自律性を高めることで、自分の考え方、感じ方、さらには行動に責任をもつまで成長すること。

3:こじれる人間関係に陥らず、互いに親密な心のふれあいを体験できるようになること。

 

●TAは、1960年代半ばに世界中にひろまり、70年代にとても有名になりました。
その理由は、一般の人々にも受け入れられる「わかりやすい理論」にありました。
TAは、昭和47年(1972年)九州大学心療内科の池見・杉田らによって導入されました。

 


 

☆.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.☆

 

 


TAは、「自律的によりよく生きていく人になる」ということがポイントでしょう☆


子どもの頃、無意識に身につけてしまった

「行動パターン」「自動思考」「自己防衛」「反応パターン」の数々。

子どもの頃、自分を守ってくれたさまざまなその「パターン」も、

大人になった今は、「足かせ」となっていることが少なくありません。

役立つものを強化し発達させ、役立たないものは手放していく、

というプロセスを実践しながら学ぶことができるのがTAの良さです。

 

 

 

☆.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

 

●私が初めて交流分析に出会ったのは、2000年頃。

当時、企業の健康管理室で産業看護職という役割のもと、

臨床心理士の先生をお呼びし、係長クラス以上のメンタルヘルス対策「管理職研修」を開催☆

残念ながら、当時の私としての印象は「ふ~ん・・な~んだ、心理テストか・・・」

そのような反応だった私に、再度、気づきのチャ~ンスッ^^!!


内閣府設立認証「日本カウンセリング普及協会」指定学院
日本総合カウンセリング付属「日本心理カウンセラー養成学院」への入学です(祝!)


●TAで、特に印象深かったのは「心理ゲーム」&「過去と他人は変わらない」

あ~・・・ いつも他人をコントロールしようとエネルギー使ってたなぁ~。

あれじゃ、うまくいくはずなかったなぁ~・・・その他、もろもろ・・・。

 


●日本心理カウンセラー養成学院で、心理学・交流分析に出会い、本当に生き方が変化しました。

物事のとらえ方も、あっ、そうか、この方向で考えればいいんだ^^!とか、

とにかく、狭かった視野が少しずつ広がって行くのを、日々実感できました。

自己理解が進んだことで、癒され、コミュニケーションも楽になりました。

特に「悩む」習慣から「考える」習慣へ思考変換できたことは、何ものにも代えがたい付加価値です。

 


「人は自分を愛した分しか、他人を愛せない」

「自分を愛せない人間は、他人を愛することはできない」

 


この「意味」が、今の私は理解できるようになりました。理解できる幸せ☆を実感します^^。

 


★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 


※【参考文献】:「わかりやすい交流分析」2009 中村和子,杉田峰康/著 チーム医療
※【参考文献】:「TA TODY」1991 イアン・スチュアート,ヴァン・ジョインズ/著 実務教育出版

このブログ記事について

このページは、sscが2009年12月22日 00:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心理学講座スケジュール2010年」です。

次のブログ記事は「交流分析|基礎理論」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。