カウンセリングマインド

|

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 


【カウンセリングマインド】

 

◆カウンセリング・マインドとは


「カウンセリングの基本となるものの見方、感じ方、考え方を指す」 (和製英語)


精神保健や学校教育、産業などの分野で広く用いられている。

ロジャースの提唱した *カウンセラーの三条件が

カウンセリング・マインドの基本的態度として重視されている。

 

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

 【カウンセラーの三条件】


●ロジャースが提唱した、カウンセリングの過程を促進するカウンセラー側の条件

 

1:クライエントとの関係の中で自己の内的状態と外的表現が一致していること。


2:クライエントに対する無条件の肯定的配慮を経験していること。


3:クライエントの内的準拠枠にそって共感的理解を示すこと。

 

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

 【カール・ロジャース】(1902~1987)アメリカの臨床心理学者


●来談者中心療法を創始した人物。

心理相談の対象者を「患者」ではなく「クライエント」(来談者:client)と称したのは彼が最初である。


●カール・ロジャースは、来談者をひとりのユニークな個人として尊重するということを示すだけでなく、

「何がその人を傷つけているのか、どの方向に行くべきか、何が重要な問題なのか、

どんな経験が深く秘められているかなどを知っているのは

クライエント自身である」という確信を表した。


●カール・ロジャースの考えは、個人を対象とした心理療法の範囲にとどまらず、

グループや社会の人間関係まで広がった。

このような、ロジャースの人間関係の成長に関する幅広い取り組みの総称を、

「来談者中心療法」と呼ぶこともある。

 

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

※【参考文献】

「カウンセリングガイドブック」2007 倉光修・桑原知子/編 岩波書店

「現代カウンセリング事典」 國分康孝(編) 金子書房   

「カウンセリング事典」 小林司(編) 新曜社

このブログ記事について

このページは、sscが2010年1月10日 00:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ストレス理論」です。

次のブログ記事は「家族療法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。