家族療法

|

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 


【家族療法】

 

◆来談者個人だけでなく、当人を含む家族全体をひとつの単位として

治療の対象とするアプローチの総称。

 

・歴史的には、子どもの心理療法に並行して行われる親ガイダンスや、

親子、夫婦など家族内の個々の関係を対象とする段階を経て、

全体としての家族を扱うシステム家族療法へと発展し、日本には1960年代に導入された。

 

・一般システム論、コミュニケーション論、対人関係論、精神分析、

社会的学習論、行動論などを理論的背景にもつ。

 

 

★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 

  

 【家族療法には】

・多くの学派があるが、いずれも家族を相互に影響を与えあう人間で構成された、

まとまりをもったシステムであると考え、病理を家族システムに求める立場をとる。

また、特定の原因から結果が生じると考えるのではなく、

原因と結果が相互に影響を与えあうという前提に立ち、問題をとらえようとする。

 

・家族システムが機能不全に陥っている状態では、

その影響を最も受けたメンバーが家族の病理を反映して症状や問題行動を示すという理解から、

IP(identified  patient:患者の役割を担う人)と呼ばれる。

そして、家族メンバー間の情緒的、あるいあは行動によるコミュニケーションのパターンを認識し

それらを変化させることによって、問題解決をはかる。

 

 

★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

☆.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

・家族療法では、家族システムそのものが本来もっている、

自己治癒力を補完、援助していくような、さまざまな技法が考案されている。

 


 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

※【参考文献】

「カウンセリングガイドブック」2007 倉光修・桑原知子/編 岩波書店

「家族臨床心理学:子どもの問題を家族で解決する」2000 亀田憲治/著 東京大学出版会

 

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

このブログ記事について

このページは、sscが2010年1月11日 00:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カウンセリングマインド」です。

次のブログ記事は「交流分析講座スケジュール2010年4月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。