アイデンティティ

|

アイデンティティ

 

E.H.エリクソン(1902~1994)が提唱した

精神分析的人格発達理論の概念であり、同一性と邦訳される。

主体性、独自性、過去からの連続性、および集団帰属感や社会的受容感などの

主観的実存的意識や感覚の総体。

 

エリクソンの理論では、人間の一生は8つの発達段階に分けられ、

アイデンティティは、その5段階(青年期)で獲得されるべき心理社会的課題であり、

獲得に失敗した状態が「アイデンティティ拡散」である。

 

今日では、社会学や哲学などの分野でも用いられる概念である。

 

 

 

【E.H.エリクソン】Erikson.Erik.H.(1902~1994)

 

ドイツ生まれ、アメリカの精神分析家。

フロイト理論を受け継いだ自我心理学派の一人。

ウィーンで、A.フロイトから精神分析の訓練を受け、児童分析家となる。

1934年、アメリカに移住し、大学で教育、臨床に携わる。

 

ライフサイクルを自我の確立という観点から研究し、

自身の生い立ち、およびその後の経験から生まれた、

アイデンティティ、モラトリアムなどの概念を用いて自我発達を理論化した。

 

 

 

 

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。
・。。・。゜・☆。・゜。・・。。・。゜・☆。・゜。・
。・゜☆・゜・ 。 ・゜・☆。・゜。・。。・ 

 

※【参考文献】

「臨床心理学キーワード」2005 坂野雄二/編 有斐閣双書

「図説 現代心理学入門」(三訂版)2007 金城辰夫/監修 培風館

 

このブログ記事について

このページは、sscが2010年2月14日 00:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仙台 カウンセリング」です。

次のブログ記事は「交流分析|自我状態」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。