インターネット依存症

|

インターネット依存症

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

【主な特徴】


・1984年にブロート博士が提唱した「テクノ依存症」が、

純粋にコンピュータという機械のとりことなり、強迫的になるのに対して、

 

「携帯・ネット依存症」の場合は

 

コンピュータを介する巨大で無秩序な外の世界とのつながりのとりことなり、

強迫的になってしまうことを言います。

 

 

 

★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 

 


【主な症状】

 

・依存症になると、それ以外のことや人間社会への興味を失い、

仕事の目的ではないのにコンピューターなどに向かうことがやめられず、

しかも、異常に長い時間を費やします。

・次第に周囲の人を見下して、コンピューターの中での空想的な自己万能感を抱いて

他者との協調性がなくなるものとされています。

・さらに問題なのは、ネット依存症は、その他の心の病を増悪させてしまう可能性があるということです。

・自分はなんでもできるという「自己万能感」や「自己愛」が肥大化していく一方で

現実社会ではうまくできないというギャップに苦しむようになります。

・その結果、孤立疎外感と劣等感が増大して、うつ状態になる場合もあります。

 

 

 

 

【ヤング博士のインターネット依存度チェック項目】

 

・オンラインで長時間すごしたために、勉強などおろそかにしたことがある。
・深夜にログインするために、睡眠不足になることがある。
・オンラインにいる時間を短くしようとして失敗したことがある。
・次のオンラインにアクセスするのを楽しみにしている自分を意識することがある。
・インターネットのない生活は退屈でむなしく、わびしいだろうと不安におもうことがある。
・パートナート仲良くするよりも、インターネットで得られる刺激のほうを求めることがある。
・周囲のだれかに、オンラインで過ごす時間について文句を言われたことがある。

 


 

 

 

【陥りやすい人】

 

・人間関係で孤独な人ほど陥りやすく、

また、インターネットがさらに社会的孤立を深めていくという悪循環がみられる。

・ADHDや自閉症などの発達障害を持つ場合、インターネットを一度開始したら、

やめるのが困難であるため、使用が長時間に及ぶ傾向がある。

 

 

 


 

【背景:5つの心理】(東京国際大学人間社会学部:小此木啓吾教授より)


1、現実社会では自分に自信がなくてもインターネットの中では匿名で別人格を演じることができる。

2、インターネットから得られる巨大な情報量は、無限の知的好奇心を満たし、

ある種の全能感が沸き起こる。

3、自分が傷つくことなく、気持ちを純粋に相手に伝えられる。

4、自分の過去を知らない新しい友達と、親密な一体感を持てる。

5、現実の人間社会と異なり、義務や責任が伴わないので、嫌になったらいつでもやめられる。

 

 

 

 

 

 

 

※【参考文献】

「依存症の真相」2008 星野仁彦/著 ヴォイス
『「ケータイ・ネット人間」の精神分析』 小此木啓吾/著 飛鳥新社

このブログ記事について

このページは、sscが2010年3月 8日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワーカホリック」です。

次のブログ記事は「心療内科とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。