交流分析|ディスカウント理論

|

交流分析 ディスカウント理論

 


 

【ディスカウント】

 

値引き(ディスカウント)とは、何かをその価値より悪く、低く受け止めるものである。

持って生まれた資質や可能性を歪めたり、傷つけたりするもの。


相手や自分を軽視したり、過小評価するなど値引き(ディスカウント)が、

人と人とのコミュニケーションに大きく影響していることが多いものです。

ディスカウントは、相手を感情的、あるいは身体的に傷つけるような、

非建設的な交流の形であらわれます。

 

値引きは、以下のようなものを含んでいます。

受身(無気力)、過剰適合、不安、自意識の低下、怒り、暴力。

 

 

 

 

●人間関係を構築する関わり=ストローク


●人間関係を破壊する関わり=ディスカウント

 

 

 

 

▽自分へのディスカウントの例

 

 

▽相手へのディスカウントの例

 

 

 

 

 

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

・交流分析:TAは、創始者エリック・バーン(カナダ出身・アメリカの精神科医)が創始。

 

☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

 

 

※【参考文献】

「わかりやすい交流分析」2009 中村和子,杉田峰康/著 チーム医療

「TA TODY」1991 イアン・スチュアート,ヴァン・ジョインズ/著 実務教育出版

 


☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。. ☆.。*・゜゜‥*。.★.。*・゜゜‥*。.☆

このブログ記事について

このページは、sscが2010年3月 1日 00:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「交流分析|ストローク」です。

次のブログ記事は「脚本分析」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。