2010年4月アーカイブ

解離性障害

|

解離性障害(かいりせいしょうがい)

 

意識や記憶、自己同一性、知覚などが途切れたり、失われたりすることが主な症状。
心的外傷への自己防衛として、自己同一性を失う神経症の一種。
自分が誰か理解不能であったり、複数の自己を持ったりする。
症状の発生と、ストレッサーの間に時期的関連があることが診断の必要条件である。

 

【分類】

1 解離性健忘(心因性健忘)

氏名などの重要な個人情報を含む広範囲の記憶を思い出すことができない。
通常は強いストレスを伴う出来事に関する記憶を思い出すことができなくなる。
個人史を振り返った時、思い出せない空白の時期があるという訴えがある。


2 解離性遁走(かいりせいとんそう)

家庭あるいは普段の職場から突然、周囲の人には予期できない形で放浪に出るもの。
同時に過去を思い出せなかったり、氏名などの個人情報が混乱していたり、
全く別人としてふるまったりする。


3 解離性同一性障害

2つあるいはそれ以上のはっきりと区別できる同一性あるいは人格状態が存在しており、
それらが繰り替えしその人の行動を制御し、通常の物忘れでは説明できないような
個人情報の想起困難を伴うもの。診断頻度に高い地域差、医師の個人差がある。


4 離人症性障害

自分の精神あるいは身体から自分自身が遊離しているという持続的
あるいは反復的な感覚と正常に保持された現実吟味を特徴とする。


【その他】

5 解離性昏迷
6 トランス
7 憑依(ひょうい)障害
8 解離性運動障害
9 解離性けいれん
10 解離性知覚麻痺・知覚脱失
11 解離性転換性障害
12 ガンザー症候群

 

 

★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 

 

※【参考文献】:「臨床心理学キーワード」2005 坂野雄二/編 有斐閣双書
※【参考文献】:「エッセンシャル臨床心理学」2000 氏原 寛・東山 紘久/著 ミネルヴァ書房

パーソナリティ障害

|

【パーソナリティ障害】

 

●パーソナリティ障害

クルト・シュナイダー(Kurt Schneider 1887~1967)の定義によれば、
「パーソナリティ障害は、その異常性のために本人が悩むか、
あるいは社会が悩む」とされている。


●クルト・シュナイダー(Kurt Schneider 1887~1967)

K・シュナイダーは、ドイツの精神医学の研究家。
特に統合失調症の診断や解釈についての著述で知られ、
シュナイダーは精神疾患の診断の進歩に貢献したとされている。

 

彼は、ドイツの精神科医・哲学者のカール・ヤスパース
(Karl Theodor Jaspers 1883~1969)と同じく、
兆候や症状の内容ではなく、それらの形態に基づく診断を支持した。
例えば、妄想は「信念の内容」ではなく、
その「信念の持ち方」を元に診断すべきだと主張した。

 

彼はまた、統合失調症に特徴的な症状のリストを作成することで、
統合失調症を他の精神疾患と区別することにも貢献した。
これはのちに「シュナイダーの一級症状(first rank symptoms)」として
知られるようになった。

 

 

◆DSM-Ⅲ

DSM-Ⅲにおいて研究者のコンセンサスを集めた診断基準に従った
パーソナリティ障害という概念と多軸診断(パーソナリティ障害の場合は第2軸)
という方法が作られた。


= : = : = : = : = : = : = : =


【DSMにおけるパーソナリティ障害】

・パーソナリティ障害とは全般的な考え方や振る舞い方の特徴である。
そうした特徴が社会規範や周囲の一般常識からかけ離れており、
しかも思春期ごろから始まり、生涯を通じて波や変化がなく一定である場合に
パーソナリティ障害と呼ぶ。


パーソナリティ生涯にみられる考え方や行動の偏りは、
認知(自分自身や他人、出来事に関する受け取り方)
感情表現(感情の幅や強さ、情緒不安定、他人の苦痛を目撃した時の感情表出)
対人関係のとり方、衝動性などである。


パーソナリティ障害の診断基準に一致する状態が一時だけみられるような場合、
例えば、躁うつ病のようなエピソードの期間中に行動の偏りがみられる場合は
パーソナリティ障害ではない。
したがって本人との面接では診断をつけることはできない。
一定の行動パターンが幼少期から余年にわたって変化なく存在することを
本人以外からも情報を得て確認する必要がある。


パーソナリティ障害自体が理由になって医療機関を受診することはない。
気分障害や物質関連障害などの他の精神障害を合併した時に精神科を受診し、
その時にパーソナリティ障害が見出される。
DSMの多軸診断に正しく従う必要がある。

 

 

【DSM-Ⅳ-TRにおけるパーソナリティ障害の分類】


◆分類「A群パーソナリティ障害」

●奇妙、風変わりな信念や習慣をもつ人

・妄想性パーソナリティ障害

・シゾイドパーソナリティ障害

・失調型パーソナリティ障害

 

◆分類「B群パーソナリティ障害」

●情緒や感情の現れ方が適切でなかったり劇的、過度であるような人

・反社会性パーソナリティ障害

・境界型パーソナリティ障害

・演技性パーソナリティ障害

・自己愛性パーソナリティ障害

 

◆分類「C群パーソナリティ障害」

●対人関係のとり方において自信のなさ、不安が目立つ人

・回避性パーソナリティ障害

・依存性パーソナリティ障害

・強迫性パーソナリティ障害

 

◆「特定不能」

・研究用診断として受動攻撃性、抑うつ性パーソナリティ障害など。

 

 

★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 

 

※精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM-IV)より

※DSMとは?
・アメリカ精神医学会が発行している診断マニュアルで1994年に第4版が発行されました。
・アメリカだけではなく、世界の精神医学会で広く用いられています。


※精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM-IV)より

 

 

★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。. ★.。*・゜゜‥*。.☆.。*・゜゜‥*。.★

 

 

※【参考文献】:「臨床心理学キーワード」2005 坂野雄二/編 有斐閣双書
※【参考文献】:「DSM‐IV‐TR 精神疾患の診断・統計マニュアル」 高橋三郎/翻訳 医学書院

 

 

 

心理テスト

|

心理テスト

 

 

☆童話診断☆好きなお姫様であなたのタイプを分析☆

あなたの好きな「お姫様は誰?」

 

Q:あなたが子どもの頃好きだったお姫様・・・4人のうち、直感で「ひとり」選んでみましょう☆

ストーリーを忘れていても、今のあなたの行動に昔の好みが影響を与えている可能性があります。

心理学の視点から、あなたのタイプを分析☆




● シンデレラ姫


● 白雪姫

● 人魚姫

● かぐや姫


さて、あなたが選んだ「お姫様」は誰でしたか?

幼い頃に好きだった物語の「お姫様」の結末に注目することで、

あなたの「行動パターンの特徴」を心理学的視点から、みることができます。

 

 

 

 

 
       ↓

 

 

 

 


【シンデレラ姫】

「シンデレラ姫」を選んだ人はハッピーエンドが期待できるかも。

ただし違う見方をすると「苦労をしなければ幸せになってはいけない」「幸せはガマンの後にある」と

考えてしまう傾向もあります。

人のために努力を重ねて気づいたら自分だけ疲れている・・心当たりありませんか。

 

☆コツ!

「幸せになっていいんだよ!」と、今の自分自身にメッセージを贈る。



【白雪姫】

「白雪姫」を選んだ人は、誰からも愛される素敵な雰囲気を持っているタイプかも。

多くの人から支えられて幸せになれる要素を数多く持っていると思います。

ただ、自分が得をすることで、誰かが犠牲になってしまっていることに目が向かず、

思わぬ反感を買ってしまうことも...。

物語では小人たちに運良く助けてもらえましたが、

人から怒りや嫉妬を向けられることは辛い事です。

 

☆コツ!

自分が充実している時こそ、周囲への感謝や他者への配慮を忘れないように

心に留めておきましょう。



【人魚姫】

「人魚姫」を選んだ人は、少女のように純粋な心とはうらはらに、

突然、大胆な行動をとり、周りの人々を驚かせるような行動をとるタイプかも。

自分を犠牲にしても、相手に献身的に尽くせるタイプでもあります。

あなたの優しさや、慈悲深さに感動する人も多いのではないでしょうか。

ただ、「私がこれだけ与えてあげたんだから、あなたも応えてよ」と、

相手に見返りを求めてしまい、あなたの純粋さが、

相手に重圧感として伝わってしまうかもしれません。

 

☆コツ!

恋愛などで「私ばかり辛い、私ばかり犠牲になってる」と感じたら・・・

「この関係は本当に自分のプラスになっている?」と客観的に考えてみましょう。



【かぐや姫】

「かぐや姫」を選んだ人は、自分独自の世界を大切にするタイプかも。

他者との時間と自分だけの時間をバランス良く取り、他者にベッタリな付き合い方は

あまり好まない一面があるのではないでしょうか。

現実的で責任感があるため、「自分より相手を優先しなくてはいけない」という義務感に駆られ、

葛藤を感じることもあります。

物事に対して「~ねばならない」ではなく素直に「私はどうしたい?」という気持ちを

大切にする事も必要でしょう。

 

☆コツ!

「~ねばならない」の義務感を感じたら「私はどうしたいのだろう?」と自分の心を感じてみましょう。




 

 


☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

 

 

 

 

自分をより深く知ることで、不都合を引き起こす行動パターンを変容させることが可能です。

自己理解が進むことで、相手を配慮できる心が育ち、

結果的にスムーズな人間関係を築く事もできます。

会社でのパワハラ、学校でのいじめ、少しでも減っていくことを心から祈りながら、

心理学講座を開催させていただいています。

 

あなたの人生脚本については交流分析講座(全5回)にて学ぶことができます。

 

 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

 

 

 

補足: 【人生は筋書きのあるドラマ・・・無意識の人生脚本】

by エリック・バーン (アメリカの心理学者:交流分析の創始者)

 

心理学には「誰にでも幼い頃に無意識に立てた人生計画があり、

人はその計画にしたがって生きている」という考え方(交流分析:人生脚本)があります。

幼い子供は周囲からの影響を無批判に受け入れてしまう場合が多いため、

親などから多く読み聞かせてもらった童話などから、

自分の人生の筋書きを思い描くことがあると言われています。

 

その筋書きは、その考えを忘れても無意識に保管されているため、

大人になってからも幼い頃に思い描いた筋書きに影響されて

生きていくことが多いという考え方です。

 

心理学(交流分析)の理論では、この無意識にある筋書きを『脚本』と言います。

人は誰もが脚本を持っており、

自分の書いた人生脚本の「主人公を演じるように行動をする」と交流分析では考えられています。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心理テスト

|

「心理テスト」

 

あなたの「コミュニケーション」度★

Q:「あかずきんちゃん」のお話を思い出して下さい☆


幼いころは胸をワクワクさせてきいていたけれど、

良く考えてみたらずいぶんとおかしなところがあるようです。

あなたが特に強く感じる疑問点を1~4の中から選んでみてください。

心理学の視点から、あなたのコミュニケーション度を分析☆

【1】オオカミは、なぜ、一番襲いやすい森の中で赤ずきんちゃんを食べなかったのか?

【2】オオカミは、なぜ、おばあさんにばけてから赤ずきんちゃんを狙ったのか?

【3】オオカミは、なぜ、ふたりを食べた後逃げないでベッドで寝ていたのか?

【4】オオカミは、なぜ、おなかを切られたのに目をさまさなかったのか?
    

さて、あなたが疑問に感じたのは何番でしたか?

あなたが疑問に思った内容から、コミュニケーショントラブルの度合いがわかります。

あなたの「コミュニケーションの特徴」を心理学的視点から、みることができます。

 

 

 

 
       ↓

 

 

 


【1】なぜ、森の中で赤ずきんちゃんを食べなかったのか

を選んだ人は・・・自分の考えだけで行動していないでしょうか。

森の中で赤ずきんちゃんを食べないことに疑問を感じたあなたは、

気が短くて思いつきのまま行動してしまうタイプかも。

つまらないことで周囲の人たちとぶつかる可能性があるかもしれません。

★コツ! 相手のことも思いやる努力をしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

【2】なぜ、おばあさんにばけてから赤ずきんちゃんを狙ったのか

を選んだ人は・・・時には夢をみて、ロマンティックになってみては。

オオカミの演技に疑問を感じたあなたはとても現実的な人。

なんでもはっきりと割り切って結論を出してしまうとおもしろみに欠けた人なんて言われかねません。

★コツ! つまらないと思ってもいろんな人と関わり視野を拡げてみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

【3】なぜ、ふたりを食べた後逃げないでベッドで寝ていたのか

を選んだ人は・・・少し臆病なのは、周囲の目を気にしすぎるから。

オオカミがささと逃げればいいと考えたあなたは、気が小さくて用心深いのかもしれません。

人との付き合いでも悩んでばかりいて、心を開いた関係が築けないようです。

★コツ! 勇気を出して、周囲の輪に飛び込んでみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

【4】なぜ、おなかを切られたのに目をさまさなかったのか

を選んだ人は・・・たまには、リラックスしてみてはいかがでしょうか。

理屈にあわないことにこだわるのあなたは、とてもまじめな性格です。

物事も決まった通りに運ばないと納得できません。

そんなかたいイメージが周囲の人たちにけむたがられるかも。

★コツ! ささいなことは気にせず、周囲の人と一緒にさわぐ事を楽しんでみてはいかがでしょう。


 


 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

 

 

 

 

自分自身のコミュニケーションパターン(癖)をより深く知ることで、

不都合を引き起こす行動パターンを変容させることが可能です。

自己理解が進むことで、相手を配慮できる心が育ち、

結果的にスムーズな人間関係を築く事もできます。

 

消極的なため、又は自己主張が強すぎたために、相手との信頼関係が築けなかった。

・・・という、過去に苦い経験をお持ちの方には

コミュニケーション術を学ぶことが非常に役立つかもしれません。

仙台カウンセリングの心理学講座では「ハッピー☆コミュニケーション術」を学ぶことができます。

コミュニケーション術を学ぶには コミュニケーション講座(全4回)がオススメ^^☆です。

 

 

 

 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

 

 

 

 

※参考文献:「もうひとりのわたし」富田隆/監修(集英社)

心理テスト

|

「心理テスト」

 

あなたの"積極度"はどれくらい?

わくわく^^♪ ドキドキ☆ 「簡単*心理テスト」☆


 

【はじめに】

心理テストって一体どんなものなのでしょうか?

「今日は白いスカートにしよう^^♪」とか「バッグはこれにしよう☆」とか、

日常なんとなく選んでいる洋服の色や小物・・・。

実は、その中にその日のあなたの心理状態があらわれているのです。

心理テストは、そうした普段の何気ない行動から、その時の心理状態、

こころの動きなどを読み解こうとするものです。

 

 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

 

 

心理テストには、標準化された少し難しいものもあれば、

遊び感覚でつかえる簡単なものまで数限りなく存在します。

心理テストは1回限りのものではありません。

周囲の環境の影響により、あなたの心理状態が変化すれば、

同じ心理テストであっても違う結果になることも少なくありません。

気になった時は、ぜひ!その都度、試してみてくださいね☆

きっと、今まであなたが知らなかった本当の自分に出逢えるはずですよ^^☆

 

 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆



 

【あなたの積極度はどれくらい?】

 

●あなたの積極度をテストしてみてください☆

Q:舞台はピーターパンの世界。ある夜、ピーターパンがウェンディの部屋にやってきて、

ネバーランドへの冒険の旅に連れていくことに!もちろん、妖精のティンカーベルも一緒

あなたは、この3人のうちの誰になってみたいですか?あなたの積極度を分析します。

 

● ピーターパン

● ウェンディ

● ティンカーベル

 

さて、あなたが選んだのは誰でしたか?

選んだ人物によって、あなたの積極度がわかります☆

 

 


       ↓

 

 

 


 

【ピーターパン】・・・積極度・・・100%

☆ピーターパンを選んだあなたは・・・

とても勇気があります!自分がこうしたい!と思ったことは、

どんな邪魔が入っても実行します。新しいことは、まず挑戦!とても行動的なタイプです。

 

 

【ウェンディ】・・・積極度・・・75%

☆ウェンディを選んだあなたは・・・

自分から行動するより、友達に誘われてやることが多いかもしれません。

一見、消極的に見えますが誘われるとなんでも挑戦する、行動的な面があります。


 

【ティンカーベル】・・・積極度・・・50%

☆ティンカーベルを選んだあなたは・・・

どちらかというと大胆な行動ができないタイプかもしれません。

でも気配り上手なのでみんなの相談役が得意☆カウンセラーに向いているタイプといえます。

今後、積極的な人物と関わる事で、長所をさらに伸ばして行くことができます。



 

☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

 

 

 

 

自分をより深く知ることで、不都合を引き起こす行動パターンを変容させることが可能です。

自己理解が進むことで、相手を配慮できる心が育ち、

結果的にスムーズな人間関係を築く事もできます。

 

消極的なために 「その一言!を相手に言えなかった」 という過去の経験をお持ちの方には、

コミュニケーション術を学ぶことが非常に役立つかもしれません。

仙台カウンセリングの心理学講座では「ハッピー☆コミュニケーション術」を学ぶことができます。

 

コミュニケーション術を学ぶにはコミュニケーション講座(全4回)がオススメ☆です。

 

 

 

 


☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

 

 

 

※参考文献:「ドキドキ心理テスト」小泉茉莉花/著(ポプラ社)

ECRS

|

ECRS(イーシーアールエス)は、改善のプライオリティです。

 

 

◆◆◆ ECRS(やめる→統合する→置き換える→簡素化する)

 

1:E(エルミネイト)・・・やめる

     例)不採算事業を撤廃する

     例)出張しないで用を足す

 

2:C(コンバイン)・・・統合する

     例)企業の合併や買収

     例)2回の出張を1回で済ませる

 

3:R(リプレイス)・・・置き換える

     例)国内から国外に移転する

     例)安い商品に置き換える

 

4:S(シンプル化)・・・簡素化する

     例)3時間を2時間に短縮する

     例)例外処理を減らして簡素化

 

 

 

 

○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○
● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●

 

 

 

 

 

 

ロジカルシンキング

|

【ロジカルシンキング】

 

ロジカルシンキングとは、筋道をたてて考えること。

「ロジカルシンキング」とは、「論理的(ロジカル)に考える(シンキング)」ということです。

 

論理的に考えるということは、、論理がつながっていること。

すなわち、筋道をたてて考えることです。

 

 

 

【過去の成功体験】

ロジカルシンキングは、だれでもできます。

しかし多くの場合、無意識に思考の停止状態(考えることを停止している状態)に陥っています。

 

思考の停止状態にならないように、思考を阻害する因子について考えてみましょう。

 

過去の成功体験は非常に重要です。

成功体験は、元気と成長の源泉になるからです。

しかし、成功体験に酔いしれると、思考が停止することを肝に銘じなければいけません。

 

成功した「結果だけ」を記憶すると、。過去が美化されます。

自慢話をする人は要注意です。

自慢話に酔いしれている人は、すでに思考が停止しています。

 

 

 

自慢話の典型は、うまくいった部分が強調されて、

何事もスムーズに行ったという結果だけが記憶に残ります。

 

 

また、成功するための苦労は美化して語られます。

うまくいった「結果のみ」が語られ、「なぜうまくいったのか」という原因は究明されません。

 

なぜ成功したのかを原因究明しなければ、

過去の成功体験が将来の失敗の原因にもなりかねません。

 

 

 

 

 

 

※参考文献:「ロジカルシンキングが身につく入門テキスト」2003 西村克己/著 中経出版

 

慣性の法則

|

ニュートン(1642~1727)は、物体が今までの延長上で運動する

「慣性の法則」(かんせいのほうそく)を発見しました。

 

物体の運動と同じように、人や人の組織もまた、

本能的に今までの延長上で考えるという傾向を持っています。

 

人は、今までの延長上で考えるのは得意ですが、

今までのやり方を変えるということは苦手です。

 

つまり、慣性の法則が自然に働いているのです。

今までのやり方が悪いのではありません。

 

慣性の法則が働いているから、現状を変えるためには大きなかじ取りをしないと、

方向が変えられないということを示唆しています。

 

慣性の法則に流されるのは思考の停止です。

 

今までのやり方でいいのか、もっといいやり方があるのではないか、

自問自答してしこうすることが大切なのです。

 

その結果、今までのやり方が良いのであれば、

自信をもって今までのやり方を選択すればいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

※参考文献:「ロジカルシンキングが身につく入門テキスト」2003 西村克己/著 中経出版

 

ユング

|

【ユング心理学の特徴】

 

ユング心理学(分析心理学)は、他派と比べ心理臨床において夢分析を重視する。

夢は集合的無意識としての「元型イメージが日常的に表出している唯一の現象」

集合無意識とは、個人の経験の領域を超えた人類に共通の無意識領域のことを言う。

 

ユング心理学の夢解釈がフロイトの精神分析と異なる点は、

無意識を一方的に杓子定規で解釈するのではなく、

クライエントとセラピストが対等な立場で夢について話し合い、

その多義的な意味・目的を考えることによって、

クライエントの心の中で巻き起こっていることを治癒的に生かそうとする点にある。

また日本のユング心理学はその心理臨床において、

『箱庭療法』を積極的に取り入れたことでも知られている。

 

 

【ユングの無意識】

 

【顕在意識】普段の生活の中で自覚できている意識。

【潜在意識】自覚されることなく、行動や考え方に影響を与える意識。

【集合無意識】個人の経験の領域を超えた人類に共通の無意識領域。

 

【ユング(1875.7.26~1961.6.6)】(カール・グスタフ・ユング "Carl Gustav Jung" )

スイスの精神科医・心理学者。深層心理について研究し、分析心理学の理論を創始した。

1948年に共同研究者や後継者たちと共にスイス・チューリッヒにユング研究所を設立し

ユング派臨床心理学の基礎と伝統を確立した。

 

またアスコナで開催されたエラノス会議において主導的役割を演じることで、

深層心理学・神話学・宗教学・哲学など多様な分野の専門家・思想家の学際的交流と

研究の場を拓いた。

●精神科医であったユングは当時の精神医学ではほとんど治癒出来なかった、

各種の精神疾患に対する療法の確立を目指し、

ピエール・ジャネやウィリアム・ジェームズらの理論を元にした心理理論を模索していた。

フロイトの精神分析学の理論に自説との共通点を見出したユングはフロイトに接近し、

一時期は蜜月状態となるが、徐々に方向性の違いから距離を置くようになる。

 

フロイトと別れた後は、人間心理はフロイト式の抑圧感情に還元され得る部分も存在する事は

認めつつも、それは局面の一つ以上ではないと考え、

フロイトが想定したよりも遙かに広く大きいものとして無意識を再定義した。



 

●ユングの患者であった精神疾患者らの語るイメージに不思議と共通点がある事、

また、それらは世界各地の神話・伝承とも一致する点が多い事を見出したユングは、

人間の無意識の奧底には人類共通の素地(集合的無意識)が存在すると考え、

この共通するイメージを想起させる力動を「元型」と名付けた。

また、晩年、共時性(シンクロニシティー)の概念を提起した。

 

 



 

※参考文献

・「図説 現代心理学入門」2007年 金城辰夫/監修 培風館
・「よくわかる心理学」尾形桂晃/著 池田書店
・「臨床心理学」松原達哉/著 ナツメ社
・「フロイトからユングへ~無意識の世界~」鈴木昌/著

統合失調

|

統合失調症の診断基準


 

A. 特徴的症状:以下のうち2つ(またはそれ以上)、各々は、1ヶ月の期間(治療が成功した場合はより短い)ほとんどいつも存在。

(1) 妄想
(2) 幻覚
(3) 解体した会話(例:頻繁な脱線または滅裂)
(4) ひどく解体したまたは緊張病性の行動
(5) 陰性症状、すなわち感情の平板化、思考の貧困、または意欲の欠如


妄想が奇異なものであったり、幻聴が患者の行動や思考を逐一説明するか、または2つ以上の声が互いに会話しているものであるときには、基準の症状1つを満たすだけでよい。

 

B. 社会的または職業的機能の低下:障害の始まり以降の期間の大部分で、仕事、対人関係、自己管理などの面で1つ以上の機能が病前に獲得していた水準より著しく低下している(または小児期や青年期の発症の場合、期待される対人的、学業的、職業的水準にまで達しない)。

C. 期間:障 害の持続的な徴候が少なくとも6ヶ月間存在する。この6ヶ月の期間には、基準Aを満たす各症状(すなわち、活動期の症状)は少なくとも1ヶ月(または治療 が成功した場合はより短い)存在しなければならないが、前駆期または残遺期の症状の存在する期間を含んでもよい。これらの前駆期または残遺期の期間では、 障害の徴候は陰性症状のみか、もしくは基準Aにあげられた症状の2つまたはそれ以上が弱められた形(たとえば、風変わりな信念、異常な知覚体験)で表されることがある。

 

D. 分裂感情障害と気分障害の除外:分裂感情障害と気分障害、精神病性の特徴を伴うものが以下の理由で除外されていること。

(1) 活動期の症状と同時に、大うつ病、躁病、または混合性のエピソードが発症している。
(2) 活動期の症状中に気分のエピソードが発症していた場合、その持続期間の合計は、活動期および残遺期の持続期間の合計に比べて短い。

E. 物質や一般身体疾患の除外:障害は、物質(例:乱用薬物、投薬)、または一般身体疾患の直接的な生理学的作用によるものではない。
F. 広汎性発達障害との関係:自閉性障害や他の広汎性発達障害の既往歴があれば、統合失調症の追加診断は、顕著な幻覚や妄想が少なくとも1ヶ月(治療が成功した場合は、より短い)存在する場合にのみ与えられる。

 

 

参考文献 DSM-IV 精神疾患の分類と診断の手引き.医学書院.高橋三郎ら訳 より引用

 

 

 

統合失調症には、ICD-10とDSMという診断基準があります。


 ICD-10は世界保健機関(WHO)による国際疾病分類の第10改訂版です。
 DSMは米国精神医学会による精神疾患の診断・統計マニュアルです。

日本ではICD-10が主に採用されています。
以下にICD-10による統合失調症の診断基準を示します。

 

1.考想化声(こうそうかせい)、考想吹込または考想奪取、考想伝播。
2.他者に支配される、影響される、あるいは抵抗できないという妄想で、身体や四股の運動、特定の思考・行動や感覚に関連づけられているもの、および妄想知覚。
3.患者の行動に対して絶えず注釈を加えたり、仲間の間で患者のことを話題にする形式の幻聴、あるいは身体のある部分から発せられる幻声。
4.宗教的・政治的な身分や超人的な力や能力といった、文化的に不適切で実現不可能なことがらについての持続的な妄想。(例えば、天候をコントロールできるとか、別世界の宇宙人と交信しているといったもの)
5.持続的な幻覚が、感傷的内容をもたない浮動性あるいは部分的な妄想や支配観念に伴って、継続的(数週間から数ヶ月)に現れる。
6.思考の流れに途絶や挿入があり、その結果、まとまりのない話し方をしたり、言語新作がみられたりする。
7.興奮、常同姿勢、蝋屈症(ろうくつしょう)、拒絶症、緘黙(かんもく)、昏迷などの緊張病性行動。
8.著しい無気力、会話の貧困、情動的反応の鈍麻(どんま)や不適切さのような、社会的引きこもりや社会的能力の低下をもたらす陰性症状。
9.関心喪失、目的欠如、無為、自分のことだけに没頭する態度、社会的ひきこもりなど、個人的行動の質的変化。


考想化声:頭の中で考えたことが声として自分に聞こえる、またはその声が他人にも聞かれていると感じること。
考想奪取:自分の考えが他人に奪われていると感じること。
考想伝播:頭の中だけで考えたことが、他人にも知られていると感じること。
言語新作:自分にしか通じない特殊な記号や漢字を使う。
蝋屈症:受動的にとらされた姿勢を保ち続け、自分の意思で変えようとしない状態。

診断のために必要な条件:上記の1~4のうち、明らかな症状が少なくとも1つ(十分に明らかでない場合は2つ以上)、あるいは5~9のうち少なくとも2つ以上が、1ヶ月以上にわたりほとんどの期間、明らかに存在していること。

 

 

統合失調症のチェック


これは統合失調症の可能性があるかを判定するものです。

正確な診断には専門医の診察が必要です。

 

1.次の症状が見られるかどうかチェックしてください。

(a)頭の中で考えたことが声として自分に聞こえる。または、頭の中で考えたことが他人に聞かれていると感じる。(考想化声)
・ない ・みられる ・明らかにある
(b)他人の考えが自分に吹き込まれていると感じる。(考想吹込)
・ない ・みられる ・明らかにある
(c)自分の考えが他人に奪われていると感じる。(考想奪取)
・ない ・みられる ・明らかにある
(d)頭の中だけで考えたことが、他人にも知られていると感じる。(考想伝播)
・ない ・みられる ・明らかにある
(e)他者に行動や思考が支配されている。
・ない ・みられる ・明らかにある
(f)自分の行動を絶えず誰かに批評されている。
・ない ・みられる ・明らかにある
(g)いつも自分の噂話や悪口が聞こえる。
・ない ・みられる ・明らかにある
(h)自分は天候をコントロールできると思っている。
・ない ・みられる ・明らかにある
(i)自分は宇宙人や別世界の生物と交信できると思っている。
・ない ・みられる ・明らかにある
(j)自分には現代の科学では説明できないような超人的な能力があると思っている。
・ない ・みられる ・明らかにある

 

 

2.次の症状のうち、1ヶ月以上ほとんど常に存在しているものにチェックしてください。
(a)実際には見えないものが見えたり、実際にはありえないことを信じている。
・ない ・ある
(b)何か考えていても突然思考が止まったり、突然別の思考が入りこんだりする。
・ない ・ある
(c)自分にしか分からないような言葉を使ったりする。(言語新作)
・ない ・ある
(d)興奮状態。
・ない ・ある
(e)いったんとった姿勢をとりつづける。(常同姿勢)
・ない ・ある
(f)受動的にとらされた姿勢を保ち続け、自分の意思で変えようとしない。(蝋屈症:ろうくつしょう)
・ない ・ある
(g)特定の場面で何も話さなくなる。(緘黙:かんもく)
・ない ・ある
(h)他人からの要求に従わず、かえって逆のことを行う。(拒絶症)
・ない ・ある
(i)心身ともに自己表現をせず、外部刺激にも反応しない。(昏迷)
・ない ・ある
(j)著しく無気力である。
・ない ・ある
(k)会話の内容が貧困である。
・ない ・ある
(l)感情の動きが鈍い。
・ない ・ある
(m)様々なのことに対する関心の喪失。
・ない ・ある
(n)なにもしないでいる(無為)。  ・ない ・ある
(o)引きこもり。  ・ない ・ある

 

 

受診の説得

統合失調症の疑いがある場合は、本人を医療機関で受診させる必要があります。しかし、統合失調症の疑いのある人が医療機関に行きたがらないというケースもあります。本人に病気であるという自覚がないのです。そんな時、どのように説得すればよいでしょうか。そのポイントを紹介します。

心がけたいこと
本人に気持ちを聞く

 

 統合失調症の本人は病気という自覚はありません。幻聴や妄想は、本人にとっては本当に感じていることなのです。ですが、何かしらよく分からない不安を感じているのです。


 「いま何か気にかかることない?」などと問いかけて、本人に今感じている気持ちを話させるとよいでしょう。そして、その時本人の感じた、驚きや不安、恐怖、孤独感を共感するとよいでしょう。


 それでも、うまく聞き出せないときは、より具体的に、「眠れないんじゃない?」
「何か恐く思ってることはない?」などと聞いてみましょう。

 

 

家族の気持ちを伝える
 本人に起こっている症状に対して、「心配している」「よくなってほしい」という気持ちを伝えます。優しい話し方で伝えましょう。

 

治療すると症状が楽になることを伝える
 治療すると症状が楽になるということを、本人に伝えましょう。「病院に行ってほしい」「治療すると楽になる」と本人に優しく諭しましょう。幻聴や妄想についてではなく、不眠や不安やイライラなど、それによって本人が生活上困っていることに焦点を当てて勧めるとよいでしょう。将来について迷ってるようだから相談しに行こうというニュアンスで伝えてもよいでしょう。


 また、「統合失調症」や「精神疾患」など、精神の病気を匂わすような言葉は出さないようにしましょう。本人は精神疾患かもしれないことを恐れていることが多いからです。
 薬に対して悪いイメージを持っているかもしれません。その時は、治療に適した薬は安全で、もし心配ならその都度医師に相談できるということを話しておきましょう。


 それでも受診を拒絶するようなら、家族だけでもよいので、地域の保健所や精神保健福祉センターに相談してみましょう。
避けたいこと

 

 

感情的になる
 焦ったり苛立ったりしないようにしましょう。「病院に行け!」などと頭ごなしに命令しては、余計に受診したくなくなります。

 

不安をあおる
 腫れ物に触るような扱いをしたり、あいまいな不明瞭な話し方をすると、本人は余計に不安になります。率直に、そして優しく話しましょう。

 

脅す
 「このまま病院に行かないと、もっと酷くなる」などと脅すような話し方をすると、本人の恐怖心を大きくするだけです。逆効果になりかねません。

 

嘘をつく
 「内科に行くんだよ」「健康診断だよ」といって嘘をついて医療機関に連れて行くのはやめましょう。大抵の場合、本人にばれます。
 そして、家族への信頼はなくなり、治療に対しても不信感を抱くようになります。
 「精神科」は、「あなたに必要な科」といった言い方ができます。

 

 

◇精神保健福祉総合センター(はあとぽーと仙台) 精神保健福祉相談 (来所相談)
・ご自身やご家族のこころの悩みについて、来所による相談を随時お受けしております:予約必要
電話 022-265-2191 月曜日~金曜日 8時30分~17時
相談は無料 ※医師の診察が必要な場合は有料。(健康保険適用)

 

 

◇精神保健福祉総合センター(はあとぽーと仙台)
所在地:仙台市青葉区荒巻字三居沢1-6
電話 : 022-265-2191  ファクス : 022-265-2190

無意識

|

【無意識と意識】

 

意識には、私たちが意識している部分と意識していない部分があります。

意識できる部分を意識(顕在意識)といい、

意識していない(または意識できない)部分を無意識(潜在意識)と呼んでいます。

 

 

【無意識とは、意識下に閉じ込めた衝動や欲求】

 

・フロイトが提唱した精神分析学やユングが提唱した分析心理学では

「意識できていない領域」を指している。

・理由のない不快感、言い間違えや物忘れなど、

無意識は心の奥深くからささやきかけ私たちの日常生活に影響を及ぼす。

 

 

●フロイトの無意識 『フロイトの心の構造論』

【ジークムント・フロイト(Sigmund Freud、1856.5.6~1939.9.23】

オーストリアの精神分析学者。オーストリアの白人系ユダヤ教徒アシュケナジーの家庭に生まれた。

神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、自由連想法、無意識研究、

精神分析の創始を行い、さらに精神力動論を展開した。

 

 

【フロイトによる「こころ」の解明】

・人間の心とは何か?一口に解明できない不思議な存在。

フロイトは人間のこころを「意識、前意識、無意識」の三層構造によるものと考えた。

●【意識】とは、眼で見たり、考えたり、感じていることに気づいていることで、

自分が何をしているのか(行動)、何を考えているのか(思考)が自身でわかっていることをいう。

●【前意識】とは意識の下にあるが、思いだそうとすれば意識の世界に呼び戻せる領域のことをいう。

昨日あった出来事や、過去に出会った人の名前を思い起こす際に、なかなか思い出せないが、

しばらく考えたり、注意を集中していると思いだすことができる。

このように、今は意識していないが、注意や意志によって思い出せる心の世界である。

●【無意識】とは、意識の奥底にある深い層のことで、意識から最も遠い領域である。

これは、夢や催眠、精神分析によって意識されるようになり、人間行動の源泉や動機となっている。




【フロイトの無意識】

・こころの中での意識されない部分を「無意識」と呼ぶ。私たちは普段、自分の行動や考え方、

喜怒哀楽の感情の動きなどを自分で確かに関わっていると感じている。

しかし、常に理性的に見える人でも、何気なく起こす行動もあれば、

気持ちと裏腹な行動を起こす場合も少なくない。

これは意識的に自覚されたこころの動きも、実はその下にある様々な

衝動や欲求に動かされているからである。

 

無意識の領域に隠れている本能や衝動が心全体を動かしているのである。

人間も動物である以上、生れながらの本能や衝動、欲求などは本来、

生きるためのエネルギー(リビドー)になるはずだが、

社会によってコントロールされ抑圧されて、意識の世界から排除される。

しかし無意識の領域に閉じ込められても、それらは絶えず意識に進出し再生しようとする、

強い力を持っているので、その人の意識や行動が操られるのである。

 

 

 

【無意識の意識化:心理療法】

フロイトは精神科医の立場から幼児期の意識にとって受け入れることができないような願望や

情動を無意識の領域へと抑圧した結果、神経症が発症するのだと考えた。

意識と無意識にある心的エネルギー(本能運動=リビドー)を量的な観点からとらえると、

全体のエネルギー総量は一定なので、意識の領域が小さくなれば、無意識の領域は大きくなる。

つまり、意識から排除された心的内容は消失するのではなく、

無意識のエネルギーとして心の中に保っているとフロイトは考えた。

無意識層に抑圧されている情動には、性欲や攻撃欲、感情を伴った観念や記憶などが

あるとされている。心理療法は「無意識を意識化するプロセス」である。

 




 

※参考文献

・「図説 現代心理学入門」2007年 金城辰夫/監修 培風館
・「よくわかる心理学」尾形桂晃/著 池田書店
・「臨床心理学」松原達哉/著 ナツメ社
・「フロイトからユングへ~無意識の世界~」鈴木昌/著

 

このアーカイブについて

このページには、

2010年4月

に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。