ユング

|

【ユング心理学の特徴】

 

ユング心理学(分析心理学)は、他派と比べ心理臨床において夢分析を重視する。

夢は集合的無意識としての「元型イメージが日常的に表出している唯一の現象」

集合無意識とは、個人の経験の領域を超えた人類に共通の無意識領域のことを言う。

 

ユング心理学の夢解釈がフロイトの精神分析と異なる点は、

無意識を一方的に杓子定規で解釈するのではなく、

クライエントとセラピストが対等な立場で夢について話し合い、

その多義的な意味・目的を考えることによって、

クライエントの心の中で巻き起こっていることを治癒的に生かそうとする点にある。

また日本のユング心理学はその心理臨床において、

『箱庭療法』を積極的に取り入れたことでも知られている。

 

 

【ユングの無意識】

 

【顕在意識】普段の生活の中で自覚できている意識。

【潜在意識】自覚されることなく、行動や考え方に影響を与える意識。

【集合無意識】個人の経験の領域を超えた人類に共通の無意識領域。

 

【ユング(1875.7.26~1961.6.6)】(カール・グスタフ・ユング "Carl Gustav Jung" )

スイスの精神科医・心理学者。深層心理について研究し、分析心理学の理論を創始した。

1948年に共同研究者や後継者たちと共にスイス・チューリッヒにユング研究所を設立し

ユング派臨床心理学の基礎と伝統を確立した。

 

またアスコナで開催されたエラノス会議において主導的役割を演じることで、

深層心理学・神話学・宗教学・哲学など多様な分野の専門家・思想家の学際的交流と

研究の場を拓いた。

●精神科医であったユングは当時の精神医学ではほとんど治癒出来なかった、

各種の精神疾患に対する療法の確立を目指し、

ピエール・ジャネやウィリアム・ジェームズらの理論を元にした心理理論を模索していた。

フロイトの精神分析学の理論に自説との共通点を見出したユングはフロイトに接近し、

一時期は蜜月状態となるが、徐々に方向性の違いから距離を置くようになる。

 

フロイトと別れた後は、人間心理はフロイト式の抑圧感情に還元され得る部分も存在する事は

認めつつも、それは局面の一つ以上ではないと考え、

フロイトが想定したよりも遙かに広く大きいものとして無意識を再定義した。



 

●ユングの患者であった精神疾患者らの語るイメージに不思議と共通点がある事、

また、それらは世界各地の神話・伝承とも一致する点が多い事を見出したユングは、

人間の無意識の奧底には人類共通の素地(集合的無意識)が存在すると考え、

この共通するイメージを想起させる力動を「元型」と名付けた。

また、晩年、共時性(シンクロニシティー)の概念を提起した。

 

 



 

※参考文献

・「図説 現代心理学入門」2007年 金城辰夫/監修 培風館
・「よくわかる心理学」尾形桂晃/著 池田書店
・「臨床心理学」松原達哉/著 ナツメ社
・「フロイトからユングへ~無意識の世界~」鈴木昌/著

このブログ記事について

このページは、sscが2010年4月 2日 00:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「統合失調」です。

次のブログ記事は「慣性の法則」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。