統合失調

|

統合失調症の診断基準


 

A. 特徴的症状:以下のうち2つ(またはそれ以上)、各々は、1ヶ月の期間(治療が成功した場合はより短い)ほとんどいつも存在。

(1) 妄想
(2) 幻覚
(3) 解体した会話(例:頻繁な脱線または滅裂)
(4) ひどく解体したまたは緊張病性の行動
(5) 陰性症状、すなわち感情の平板化、思考の貧困、または意欲の欠如


妄想が奇異なものであったり、幻聴が患者の行動や思考を逐一説明するか、または2つ以上の声が互いに会話しているものであるときには、基準の症状1つを満たすだけでよい。

 

B. 社会的または職業的機能の低下:障害の始まり以降の期間の大部分で、仕事、対人関係、自己管理などの面で1つ以上の機能が病前に獲得していた水準より著しく低下している(または小児期や青年期の発症の場合、期待される対人的、学業的、職業的水準にまで達しない)。

C. 期間:障 害の持続的な徴候が少なくとも6ヶ月間存在する。この6ヶ月の期間には、基準Aを満たす各症状(すなわち、活動期の症状)は少なくとも1ヶ月(または治療 が成功した場合はより短い)存在しなければならないが、前駆期または残遺期の症状の存在する期間を含んでもよい。これらの前駆期または残遺期の期間では、 障害の徴候は陰性症状のみか、もしくは基準Aにあげられた症状の2つまたはそれ以上が弱められた形(たとえば、風変わりな信念、異常な知覚体験)で表されることがある。

 

D. 分裂感情障害と気分障害の除外:分裂感情障害と気分障害、精神病性の特徴を伴うものが以下の理由で除外されていること。

(1) 活動期の症状と同時に、大うつ病、躁病、または混合性のエピソードが発症している。
(2) 活動期の症状中に気分のエピソードが発症していた場合、その持続期間の合計は、活動期および残遺期の持続期間の合計に比べて短い。

E. 物質や一般身体疾患の除外:障害は、物質(例:乱用薬物、投薬)、または一般身体疾患の直接的な生理学的作用によるものではない。
F. 広汎性発達障害との関係:自閉性障害や他の広汎性発達障害の既往歴があれば、統合失調症の追加診断は、顕著な幻覚や妄想が少なくとも1ヶ月(治療が成功した場合は、より短い)存在する場合にのみ与えられる。

 

 

参考文献 DSM-IV 精神疾患の分類と診断の手引き.医学書院.高橋三郎ら訳 より引用

 

 

 

統合失調症には、ICD-10とDSMという診断基準があります。


 ICD-10は世界保健機関(WHO)による国際疾病分類の第10改訂版です。
 DSMは米国精神医学会による精神疾患の診断・統計マニュアルです。

日本ではICD-10が主に採用されています。
以下にICD-10による統合失調症の診断基準を示します。

 

1.考想化声(こうそうかせい)、考想吹込または考想奪取、考想伝播。
2.他者に支配される、影響される、あるいは抵抗できないという妄想で、身体や四股の運動、特定の思考・行動や感覚に関連づけられているもの、および妄想知覚。
3.患者の行動に対して絶えず注釈を加えたり、仲間の間で患者のことを話題にする形式の幻聴、あるいは身体のある部分から発せられる幻声。
4.宗教的・政治的な身分や超人的な力や能力といった、文化的に不適切で実現不可能なことがらについての持続的な妄想。(例えば、天候をコントロールできるとか、別世界の宇宙人と交信しているといったもの)
5.持続的な幻覚が、感傷的内容をもたない浮動性あるいは部分的な妄想や支配観念に伴って、継続的(数週間から数ヶ月)に現れる。
6.思考の流れに途絶や挿入があり、その結果、まとまりのない話し方をしたり、言語新作がみられたりする。
7.興奮、常同姿勢、蝋屈症(ろうくつしょう)、拒絶症、緘黙(かんもく)、昏迷などの緊張病性行動。
8.著しい無気力、会話の貧困、情動的反応の鈍麻(どんま)や不適切さのような、社会的引きこもりや社会的能力の低下をもたらす陰性症状。
9.関心喪失、目的欠如、無為、自分のことだけに没頭する態度、社会的ひきこもりなど、個人的行動の質的変化。


考想化声:頭の中で考えたことが声として自分に聞こえる、またはその声が他人にも聞かれていると感じること。
考想奪取:自分の考えが他人に奪われていると感じること。
考想伝播:頭の中だけで考えたことが、他人にも知られていると感じること。
言語新作:自分にしか通じない特殊な記号や漢字を使う。
蝋屈症:受動的にとらされた姿勢を保ち続け、自分の意思で変えようとしない状態。

診断のために必要な条件:上記の1~4のうち、明らかな症状が少なくとも1つ(十分に明らかでない場合は2つ以上)、あるいは5~9のうち少なくとも2つ以上が、1ヶ月以上にわたりほとんどの期間、明らかに存在していること。

 

 

統合失調症のチェック


これは統合失調症の可能性があるかを判定するものです。

正確な診断には専門医の診察が必要です。

 

1.次の症状が見られるかどうかチェックしてください。

(a)頭の中で考えたことが声として自分に聞こえる。または、頭の中で考えたことが他人に聞かれていると感じる。(考想化声)
・ない ・みられる ・明らかにある
(b)他人の考えが自分に吹き込まれていると感じる。(考想吹込)
・ない ・みられる ・明らかにある
(c)自分の考えが他人に奪われていると感じる。(考想奪取)
・ない ・みられる ・明らかにある
(d)頭の中だけで考えたことが、他人にも知られていると感じる。(考想伝播)
・ない ・みられる ・明らかにある
(e)他者に行動や思考が支配されている。
・ない ・みられる ・明らかにある
(f)自分の行動を絶えず誰かに批評されている。
・ない ・みられる ・明らかにある
(g)いつも自分の噂話や悪口が聞こえる。
・ない ・みられる ・明らかにある
(h)自分は天候をコントロールできると思っている。
・ない ・みられる ・明らかにある
(i)自分は宇宙人や別世界の生物と交信できると思っている。
・ない ・みられる ・明らかにある
(j)自分には現代の科学では説明できないような超人的な能力があると思っている。
・ない ・みられる ・明らかにある

 

 

2.次の症状のうち、1ヶ月以上ほとんど常に存在しているものにチェックしてください。
(a)実際には見えないものが見えたり、実際にはありえないことを信じている。
・ない ・ある
(b)何か考えていても突然思考が止まったり、突然別の思考が入りこんだりする。
・ない ・ある
(c)自分にしか分からないような言葉を使ったりする。(言語新作)
・ない ・ある
(d)興奮状態。
・ない ・ある
(e)いったんとった姿勢をとりつづける。(常同姿勢)
・ない ・ある
(f)受動的にとらされた姿勢を保ち続け、自分の意思で変えようとしない。(蝋屈症:ろうくつしょう)
・ない ・ある
(g)特定の場面で何も話さなくなる。(緘黙:かんもく)
・ない ・ある
(h)他人からの要求に従わず、かえって逆のことを行う。(拒絶症)
・ない ・ある
(i)心身ともに自己表現をせず、外部刺激にも反応しない。(昏迷)
・ない ・ある
(j)著しく無気力である。
・ない ・ある
(k)会話の内容が貧困である。
・ない ・ある
(l)感情の動きが鈍い。
・ない ・ある
(m)様々なのことに対する関心の喪失。
・ない ・ある
(n)なにもしないでいる(無為)。  ・ない ・ある
(o)引きこもり。  ・ない ・ある

 

 

受診の説得

統合失調症の疑いがある場合は、本人を医療機関で受診させる必要があります。しかし、統合失調症の疑いのある人が医療機関に行きたがらないというケースもあります。本人に病気であるという自覚がないのです。そんな時、どのように説得すればよいでしょうか。そのポイントを紹介します。

心がけたいこと
本人に気持ちを聞く

 

 統合失調症の本人は病気という自覚はありません。幻聴や妄想は、本人にとっては本当に感じていることなのです。ですが、何かしらよく分からない不安を感じているのです。


 「いま何か気にかかることない?」などと問いかけて、本人に今感じている気持ちを話させるとよいでしょう。そして、その時本人の感じた、驚きや不安、恐怖、孤独感を共感するとよいでしょう。


 それでも、うまく聞き出せないときは、より具体的に、「眠れないんじゃない?」
「何か恐く思ってることはない?」などと聞いてみましょう。

 

 

家族の気持ちを伝える
 本人に起こっている症状に対して、「心配している」「よくなってほしい」という気持ちを伝えます。優しい話し方で伝えましょう。

 

治療すると症状が楽になることを伝える
 治療すると症状が楽になるということを、本人に伝えましょう。「病院に行ってほしい」「治療すると楽になる」と本人に優しく諭しましょう。幻聴や妄想についてではなく、不眠や不安やイライラなど、それによって本人が生活上困っていることに焦点を当てて勧めるとよいでしょう。将来について迷ってるようだから相談しに行こうというニュアンスで伝えてもよいでしょう。


 また、「統合失調症」や「精神疾患」など、精神の病気を匂わすような言葉は出さないようにしましょう。本人は精神疾患かもしれないことを恐れていることが多いからです。
 薬に対して悪いイメージを持っているかもしれません。その時は、治療に適した薬は安全で、もし心配ならその都度医師に相談できるということを話しておきましょう。


 それでも受診を拒絶するようなら、家族だけでもよいので、地域の保健所や精神保健福祉センターに相談してみましょう。
避けたいこと

 

 

感情的になる
 焦ったり苛立ったりしないようにしましょう。「病院に行け!」などと頭ごなしに命令しては、余計に受診したくなくなります。

 

不安をあおる
 腫れ物に触るような扱いをしたり、あいまいな不明瞭な話し方をすると、本人は余計に不安になります。率直に、そして優しく話しましょう。

 

脅す
 「このまま病院に行かないと、もっと酷くなる」などと脅すような話し方をすると、本人の恐怖心を大きくするだけです。逆効果になりかねません。

 

嘘をつく
 「内科に行くんだよ」「健康診断だよ」といって嘘をついて医療機関に連れて行くのはやめましょう。大抵の場合、本人にばれます。
 そして、家族への信頼はなくなり、治療に対しても不信感を抱くようになります。
 「精神科」は、「あなたに必要な科」といった言い方ができます。

 

 

◇精神保健福祉総合センター(はあとぽーと仙台) 精神保健福祉相談 (来所相談)
・ご自身やご家族のこころの悩みについて、来所による相談を随時お受けしております:予約必要
電話 022-265-2191 月曜日~金曜日 8時30分~17時
相談は無料 ※医師の診察が必要な場合は有料。(健康保険適用)

 

 

◇精神保健福祉総合センター(はあとぽーと仙台)
所在地:仙台市青葉区荒巻字三居沢1-6
電話 : 022-265-2191  ファクス : 022-265-2190

このブログ記事について

このページは、sscが2010年4月 1日 08:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無意識」です。

次のブログ記事は「ユング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。