全般性不安障害(不安神経症)

|

全般性不安障害(不安神経症)


不安を主症状とする神経症を、不安神経症といいます。


不安は漠然とした恐れの感情で、誰でも経験するものですが、
はっきりした理由がないのに不安が起こり(あるいは理由があっても、
それと不釣り合いに強く不安が起こり)、いつまでも続くのが病的な不安です。

不安神経症では、この病的な不安がさまざまな身体症状を伴って現れます。

なお、国際疾病分類などでは「神経症」という用語はすでに正式な診断名としては使われなくなっており、

従来の不安神経症にあたる診断名は、現在では「パニック障害」か「全般性不安障害」。
 
パニック障害は急性・突発性の不安症状が特徴ですが、全般性不安障害は慢性の不安症状が長く続くのが特徴です。

 

 

原因


一般に、神経症の原因は心理的な出来事(心因)とされていますが、
実際にはそのような出来事がみられないこともしばしばあります。

全般性不安障害の場合も、何らかの精神的なショック、心配ごと、悩み、ストレスなど、
精神的原因と思われる出来事のあることもありますが、まったくないこともあります。
また、過労、睡眠不足、かぜひきなど、一般的な身体的悪条件がきっかけで、
発症することもあります。

日常生活上のさまざまなストレスを背景に、いつのまにか発症しているというのが普通です。
全般性不安障害はもともと神経質で不安をもちやすい性格の人に多くみられ、
女性に多く、男性の倍以上といわれています。

 

 

症状


慢性的な不安、過敏、緊張、落ち着きのなさ、イライラ、集中困難などの精神症状と、筋肉の緊張、
首や肩のこり、頭痛・頭重(ずじゅう)、震え、動悸(どうき)、息苦しさ、めまい、頻尿(ひんにょう)、
下痢、疲れやすい、不眠(寝つきが悪い、途中で目が覚める、眠りが浅い)などの、
多様な身体症状(いわゆる不定愁訴)がみられます。

何かにつけて過度の不安・心配がつきまとい、それが慢性的に続く(診断基準では6カ月以上)のが特徴で、
不安は種々の精神・身体症状を伴っています。
多くの患者さんは身体症状のほうを強く自覚し、どこか体に異常があるのではないかと考え、
あちこちの病院で診察や検査を受けるのが常ですが、症状の原因になるような身体疾患はみられません。
経過は慢性で、日常生活のストレスの影響を受け、よくなったり悪くなったりしながら、
多くの場合何年にもわたって続きます。
途中から、気分が沈んでうつ状態となり、うつ病に移行することもあります。
また、アルコールで不安をまぎらわそうとして、アルコール依存症に陥(おちい)ることもあります。

 


診断


診断は、先に述べた症状と経過の特徴からなされ、検査で特別な異常はみられません。
身体疾患を除外するための検査(尿、血液、心電図、X線、超音波など一般内科的検査)が行われ、
これらの検査で症状に見合う異常が見つからない場合に診断が確定します。

 

 

治療


薬物療法と精神療法があります。
薬物としては、抗不安薬(ベンゾジアゼピン誘導体:セルシンなど、タンドスピロン:セディールなど)が用いられ、
症状と関連のある日常生活上の悩みやストレスについて、
医師に相談しアドバイスを受けるなどの精神療法が行われます。
 
ベンゾジアゼピンは連用すると依存症になりやすいので、最小限にとどめ、
アルコールと併用しないようにしなければなりません。

うつ症状を合併する場合は抗うつ薬
(SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害薬〔デプロメール、パキシル、ジェイゾロフト〕 など)が用いられます。
深呼吸や筋弛緩を用いたリラクセーション法や有酸素運動は有効で自分で行うことができます。
 


 

 

不安神経症(全般性不安障害)に気づいたら、


さまざまな身体的自覚症状のために内科などを受診し、検査を受け、異常がないとわかったら、
精神科か心療内科を受診しましょう。

不安神経症(パニック障害または全般性不安障害)と診断されたら、
気のせいなどではなく不安の病気と受けとめ、
信頼できる医師のもとで根気よく治療を続けてください。

症状の完全な消失がなくても、少しでもよくなったら、
そのぶん前向きに生活していく考え方が必要です。
ドクター・ショッピング(医師や病院をわたり歩く)や民間療法、
健康食品などへの過度の依存はやめましょう。

家族など周囲の理解も重要です。

 

 

 

 

 

【FNIテスト】

 

1 よく病気をする
2 息切れしやすい
3 からだが弱いのでいつも情けない思いをしている
4 よくはき気がする
5 とても病弱である
6 よくめまいがする
7 どうきがして苦しくなることがよくある
8 のどがつまる感じがよくする
9 手足が冷えたり顔や身体が急にあつくなったりする
10 ときどき脈が乱れる


11 いつもゆうつつである
12 いつも気分が落ちつかない
13 いつもみじめな気持である
14 もっと違う境遇に生まれたかった
15 いっそ死んだ方がましと思うことがある
16 とても神経質である
17 感情がとても傷つけられやすい
18 ちょっとしたことでもひどく驚く
19 とても心配性である
20 ひとのことがとても気になる


21 心配で眠れないことがたびたびある
22 いやな夢をよくみる
23 いつも眠りが浅い
24 心理相談やカウンセリングを受けたことがある
25 ノイローゼにかかったことがある
26 病気がちでいつも損をしている
27 いつも胃や腸の調子がわるい
28 すぐ疲れてしまう
29 いつもどこかからだの具合がわるい
30 自分の健康のことが気になってしかたがない


31 胸や心臓のところが痛むことがよくある
32 気が遠くなりそうになることがよくある
33 とつぜん冷や汗が出ることがよくある
34 死んでしまうのではないかととても不安になる
35 息苦しくなることがよくある
36 自分の人生には希望がないように思える
37 いつも疲れた気持である
38 なにかにつけて自信がない
39 自分は不幸な人間だと思う
40 不満が多い

 

41 心配で物事を何度も確かめなおす
42 とても神経過敏である
43 すぐうろたえてしまう
44 ささいなことでもとても気になる
45 理由もなく不安になることがある
46 寝つかれないで困る
47 眠ってもすぐ眼を覚ます
48 いつも寝足りない感じである
49 精神科,神経科,心療内科で診察を受けたことがある
50 悩みごとがあって医師に相談したい(おわり)

 

 

 

・1~10  無力性尺度 As   Asthenia Scale 
・11~20 自律神経失調性尺度 Ad   Autonomic Dysfunction Scale 
・21~30 抑うつ性尺度 Dp   Depressiveness Scale 
・31~40 神経質尺度 Ne   Nervousness Scale 
・41~50 不眠尺度 Is   Insomnia Scale

 

 

※ 神経症指数NIが、高得点で、しかも長く(2週間以上)続く場合は、
神経症のほかに、うつ病も疑われます。
特に神経質尺度Ne、抑うつ性尺度Dpさらには不眠尺度Isが高い場合は要注意。

 

 

 

参考文献:「神経症とうつ病の自己診断テスト」 藤波茂忠/著 燃焼社

 


 

このブログ記事について

このページは、sscが2010年5月 1日 00:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「解離性障害」です。

次のブログ記事は「精神身体症(心身症)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。