精神身体症(心身症)

|

心身症

 

「心身医学の新しい診療指針」(日本心身医学会教育研修委員会編、1991年)によると、

心身症(精神身体症(せいしんしんたいしょう))とは「身体疾患の中で、

その発症や経過に心理社会的な因子が密接に関与し、

器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。

 

ただし、神経症やうつ病など、他の精神障害に伴う身体症状は除外する」と規定されています。

すなわち、心身症とは、病名ではなく身体疾患の病態を説明するひとつの概念なのです。

 
特に、身体疾患の発症や経過に心身相関の機構(メカニズム)を介した

心理社会的要因が強く関係し、

その多くは心理社会的要因を治療の対象として扱うことが必要と考えられる病態です。

 

基本的には心理社会的因子の影響を受けない病態は存在しないと考えられますが、

とくにそれらの要因が強く影響していると考えられる身体疾患を心身症として扱います。

そのため病名表記では、

たとえば胃潰瘍(いかいよう)(心身症)になります。

 

 

☆ストレスの影響が体に現れる病気の代表的なものが心身症です。
心身症というと、こころの病気と思われがちですが、これは病名ではなく、病態名です。

つまり、ストレスが蓄積されたために身体に疾患(病態)が現れた状態を言います。
その病態は、循環器系、呼吸器系、消化器系、神経系、泌尿器系などと、
あらゆる領域に現れます。

 

 

原因

心身症になりやすい疾患の発症には、それぞれの疾患特有の原因が考えられます。

なかでもストレスは、その発症や持続、慢性化の要因のひとつとして考えられていて、

生物学的にはストレスが脳に作用して身体の機能や免疫などに影響することによって、

関連するとされています。

 

 

症状

それぞれの疾患に応じた症状が現れます。

心身症になりやすい人には、不安や緊張の強い人、

あまり感情を表に出さず、自分のことを表現するのが苦手な人

(アレキシサイミア:失感情症(しっかんじょうしょう))が多いようです。

 

 

検査と診断

心身症を診断する特別な指標はありません。

症状や疾患が発症したり悪化する前にストレスの関与が認められたり、

仮説・想定したストレスを治療の対象として取り上げた場合に

症状が改善していくことなどで診断しています。

 

 

治療

基本的には、それぞれの疾患に応じた身体医学療法に、心理療法が併用されます。

補助的に向精神薬が用いられることもあります。

 

 

心身症に気づいたら

一般的な身体医学療法では症状や疾患がコントロールできない、

もしくは治らない時には、心身症を疑って専門医(心療内科)の診察を受けましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

心身症の分類

 

呼吸器系:気管支ぜんそく、過換気症候群、神経性咳そう、慢性閉塞性肺疾患など

 

循環器系:本態性高血圧症、本態性低血圧症、起立性低血圧症、

冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)、一部の不整脈など

 

消化器系:胃・十二指腸潰瘍、急性胃粘膜病変、慢性胃炎、心因性嘔吐、

過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、慢性肝炎、慢性膵炎など

 

 内分泌・代謝系:肥満症、神経性食欲不振症、神経性過食症、

愛情遮断性小人症、甲状腺機能亢進症、心因性多飲症、糖尿病など

 

神経・筋肉系:筋収縮性頭痛、片頭痛、その他の慢性疼痛、痙性斜頭、

自律神経失調症、心因性めまい、冷え症、異常知覚、失声、チックなど

 

小児科領域:小児ぜんそく、起立性調節障害、過換気症候群、消化性潰瘍、

反復性腹痛、神経性食欲不振症、周期性嘔吐症、情動性不整脈など

 

皮膚科領域:慢性じんましん、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、汎発性脱毛症、

多汗症、接触皮膚炎、湿疹、皮膚掻痒症など

 

外科領域:腹部手術後愁訴(腸管癒着症、ダンピング症候群、その他)、

頻回手術症、形成術後神経症など

 

整形外科領域:慢性関節リウマチ、全身性筋痛症、腰痛症、多発関節痛、

肩こり、頸腕症候群、痛風など

 

泌尿・生殖器系:夜尿症、遺尿症、神経性頻尿(過敏性膜胱)、遊走腎、

心因性インポテンス、前立腺症、尿道症候群など

 

産婦人科領域:更年期障害、機能性子宮出血、月経痛、月経前症候群、

月経異常、卵巣機能低下、不妊症、不感症など

 

眼科領域:原発性緑内障、眼精疲労、本態性眼瞼けいれん、視力低下、視野狭窄、眼痛など

 

耳鼻咽喉科領域:耳鳴り、心因性難聴、アレルギー性鼻炎、嗅覚障害、

頭重、頭痛、口内炎、心因性失声症、吃音など

 

歯科・口腔外科領域:顎関節症、口腔乾燥症、三叉神経痛、舌咽神経痛、

ある種の口内炎(アフタ性および更年期性など)

 

※参考文献 日本心身医学会指針

このブログ記事について

このページは、sscが2010年5月 2日 00:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「全般性不安障害(不安神経症)」です。

次のブログ記事は「一次予防 二次予防 三次予防」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。