回復のための心構え

|

回復のための心構え (被災された方々へ)


◇災害時 『こころのケア』 にお役立て下さい。
  *正しい知識をもって適切に対処していきましょう。


◆1、恐ろしい災害や事件を経験した後で心身の変化や動揺が起こるのは、
自然な反応であることを理解しましょう。
あなたが異常なのではなく、災害や事件そのものが異常事態なのです。

・このような異常事態に対処するために、正常な反応として、
様々な心身の変化が現れます。また災害や事件のあと、
しばらくしてから心身に強い反応が起きてくることもあります。


◆2、投げやりになったり、やけをおこして状況を悪化させないよう、
可能な範囲で対処してください。


◆3、しばらくは一人にならずに、家族や仲間など、
安心できる人たちと過ごすようにしましょう。


◆4、食事・睡眠・休養など規則的な生活を心がけましょう。
(避難所など難しい場合は自分なりのリズムをつくるよう心がける)


◆5、一人で悩んだり、抱え込まず、周囲の人や専門家に相談しましょう。


◆6、ストレス反応からの回復は必ずしも直線的ではなく、
行きつ戻りつしながら回復していくものであることを知っておいてください。


◆7、過度の飲酒は控えましょう。

 

※ 受診できる環境にない場合は避難所巡回中の医療支援スタッフへご相談ください。

 

 

 

●心のケア1 「トラウマティックストレス」

●心のケア2 「ストレス反応と心の病気」

●心のケア3 トラウマティックストレスに起因した「心身の反応」

●心のケア4 「回復のための心構え」(被災された方々へ)

●心のケア5 「こんな場合は専門家に相談しましょう」(被災された方々へ)

●心のケア6 「子どもの場合の注意点」(被災された方々へ)

●心のケア7 「被災した人をケアするために」(周囲の方々へ)

 

このブログ記事について

このページは、sscが2011年3月22日 00:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「心身の反応」です。

次のブログ記事は「心の専門家に相談しましょう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。