震災支援 満席終了

|

仙台カウンセリング

震災支援

 

震災支援ワークショップ 4/9(土)「こころのエステ」 開催しました☆満席^^♪


 

それぞれの体験、それぞれのおもい、

それぞれの喪失、それぞれの受容。

たとえ、どんな体験をしていても、

生かされた者は、前を向いて進まなければならない。

『生きる覚悟!』 そんな表現がしっくりくる。

『受容』 は、今後の未来を精一杯生きる覚悟を強化してくれる。

 

大震災という体験。 ひとりひとりのとらえ方は大きく異なる。

 

「震災後:心のケア」 についてご説明させていただいたが、

各自のおもい、心境、目標などは様々。

言葉に表現し、シェアすることは心の負担軽減につながる一方、

そうでない場合もある。当然のことだが、個人差はとても大きい。

震災後、緊張続きの日々を、頑張ってきた皆様に 「リラクゼーション」 を、体験していただいた。

 

 

そして、グループワーク最後のサプライズ☆

『未来への手紙』 今回の受取人は、2週間後の自分自身。

未来の自分への手紙に、それぞれのおもいを込める。

2週間後、心境はどのように変化しているだろう?

2週間後、少しでも前進、変化している自分を確認してもらえたら嬉しい。


余震にドキドキの毎日。

「未来への手紙」 は、ワクワクします^^☆と言ってくれた、

Nさんの笑顔が、とてもキラキラ☆ 輝いていた。


きっと! 「こころのエステ」 になったに違いない(^笑^)☆


皆さま、ご参加いただきありがとうございました。
本日、JR運休(余震)のため、ご参加いただけなかった皆さま、
次回、お会いできますことを、楽しみにしています。

 

※本日、お預かりしたお手紙は、2週間後ポストに投かんします。
日本郵便の配達を、お楽しみ^^♪♪ に~☆


 

●次回予定:震災支援WS 「こころのエステ2」 は4月30日(土)13時~15時

 

 

 

2011年4月
仙台心理カウンセリング&スクール
代表 田村 みえ

このブログ記事について

このページは、sscが2011年4月 9日 23:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「未来のアートセラピー」です。

次のブログ記事は「未来のアートセラピー 満席終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。