体験過程

|

体験過程| experiencing

 

 

【体験過程】

・人間がいま、この瞬間に経験している感情や気持ち。

その体験され、感じられている何らかの流れを体験過程という。

それは、知的に考えるとか言語で表現できるようなものではない。

 

 

 

experiencing という語におけるingは、「体験」(experience)を一つの過程と考えていることを示す。

体験過程という用語は過程という枠組みみよって見られた全ての「体験」を指している。

心理学において「体験」という言葉は、それがどこで用いられようと、

具体的な心理学的事象を意味している。

体験過程は、具体的にまさに進行している種々の事柄の一過程である。

 

 

 

◇体験過程は、一つの感じられた過程( a felt process )を意味する。

その意味は内部的に感覚され、身体的に感じられた諸事象ということでもあり、

人格、あるいは心理学的事象を構成している具体的な「もの」は、

この身体的に感覚され、感じられたことの流れである。

それは、具体的、身体的な感情の過程であり、

それは心理学的および人格の現象に関する基本を構成している。

 

 

 

◇心理療法とは 

 ・個人が概念と言うものを用いながらも、それをただ単に理論的にのみ用いては、

決して得られないような、何かそれ以上のものを達成し得るところの一つの方法である。

その本質を一言でいうならば、人間の感情と人間が用いる概念との間に存在する、

種々の関係の新しい認識である。

 

・体験過程は、この心理療法過程を理解するのに役立つ概念として、

アメリカ臨床心理学者、ユージン・ジェンドリン(1926~  )が、1955年に提唱した。

 

 

 

【6つの特質】

 

(1) 感情の一つの過程であり、知的理解とは区別される。

体験過程とは、感じられる(feel)ものであって、単に思考されたり、知られたり、

あるいは言語的に表現されるようなものではない。

 

(2) 今、この瞬間において、おきる一つの過程である。

今、ここに感じることにほかならない。

 

(3) 個人による現象的場における一つの感じられた素材として、

直接に問い合わせることができ、指摘できる。

体験過程は、自らの内面に目を向け、この流れという一つの素材を直接指示し、

言及出来るものである。

 

(4) それは言葉以前に感じられるものであり、個人は自らの現象的場における一つの素材として

それに直接指示し、それに導かれて概念を形成する。

 

(5) 潜在的な暗黙の豊かな意味をもっている。暗に含まれている意味は、

単に感じられるだけのものであり、後に至るまで明示されないかもしれない。

だが、この暗に含まれた意味が足がかりとなって概念的明瞭化が可能になる。

 

(6) 前概念的、有機体的な過程であり、身体を通して感じられるものである。

ある瞬間に体験しつつあることがもつ多くの暗黙の意味・含蓄は、

かつて一度概念化されたものが抑圧されたというものではなく、

これらの意味は、前概念的なもの、気づかれてはいるが、まだ分化されていないもの、

と考えるべきである。

 

 

 

 

 

◇体験過程の理論は、カウンセリング・心理療法・人格論や創造性などにも影響を与え、

また、カウンセラーの技法の精密化をもたらした。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

【ユージン・ジェンドリン Eugene T. Gendlin】 (1926年-~)

 

・アメリカの哲学者・臨床心理学者で、体験過程(Experiencing)理論を提唱し、

フォーカシング(Focusing)を創始した。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

※【参考文献】


「カウンセリング大事典」2004 小林司/編 新曜社
「フォーカシング」1982 ユージン・ジェンドリン 福村出版
「やさしいフォーカシング」1999 アン・ワイザー・コーネル コスモス・ライブラリー出版

 

このブログ記事について

このページは、sscが2015年1月14日 00:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フォーカシング2」です。

次のブログ記事は「フォーカシング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。