2017年3月アーカイブ

仙台カウンセリング8周年(祝^^☆)



仙台心理カウンセリングをご利用いただきましてありがとうございます。

仙台カウンセリングは年間臨床心理実績:2016年/約600時間

2017年3月3日☆ おかげ様で8周年を迎えることができました(祝^^☆)




今日から、9年目に入ります。

9年目を迎え、新たな展開の道を歩んでいることを、今、実感します。

いつも皆様から沢山の感動と喜びをいただいております。


来室された方々の顔を思い浮かべては、

言葉にならない、あふれる 『おもい』 を感じます。


心理カウンセリング、そして心理学講座の中で、
外側も内側もゆさぶれながら大きな変化、変革を体験し、
常に乗り越えていく皆様の努力と勇気と変容を共有できる喜び。。。

感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございます。

9年目も、「共に学び共に成長する」 感動体験☆ 楽しみです^^ ☆




 ♪♪♪♪♪♪
、 iiiiiiiiiii
,{~~~}
{~~~~}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Happy Birthday

 

カウンセリングや心理学講座を通して、
自分の内面に気づき 「解放される」 という体験を多くの方々がされました。
内なる静けさと幸福感はいつだって 「自分自身の中にある☆」
ということも実感していただきました。


自分の内面に目を向け、心の声に耳を傾けたとき、
不安は消え、心地よい安心感がひろがります。
一つの壁、二つの壁と、乗り超えてきた皆様に大きな拍手を贈ります☆


これからも末永く皆様に愛され、
共に寄り添う存在であり続けてまいります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
皆様に、心からの感謝と愛をこめて☆






2017年3月3日
仙台心理カウンセリング&スクール
代表 田村みえ

 

 

 

 

 ☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆




【カウンセリング1年間の統計】

*カウンセリングのご利用割合について

◆2016年 ●女性 80.00%  ●男性 20.00%

◆2015年 ●女性 69.60%  ●男性 30.40%

◆2014年 ●女性 84.07%  ●男性 15.93%

◆2013年 ●女性 75.00%  ●男性 25.00%

◆2012年 ●女性 63.36%  ●男性 36.64%

◆2011年 ●女性 76.71%  ●男性 23.29%

◆2010年 ●女性 85.50%  ●男性 14.50%

◆2009年 ●女性 81.90%  ●男性 18.10%




☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆




【心理学講座1年間の統計】

*心理学講座・受講生の割合について

◆2016年 ●女性 91.00%  ●男性 09.00%

◆2015年 ●女性 68.49%  ●男性 31.50%

◆2014年 ●女性 89.47%  ●男性 10.53%

◆2013年 ●女性 100.0%  ●男性 00.00%

◆2012年 ●女性 73.70%  ●男性 26.30%

◆2011年 ●女性 78.12%  ●男性 21.88%

◆2010年 ●女性 88.40%  ●男性 11.60%

◆2009年 ●女性 79.70%  ●男性 20.30%




☆.。.:*・゚☆.。.:* .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆




【心理学講座・カウンセリング・企業研修 1年間の統計】

*心理学講座・カウンセリング・研修の割合について


◆2016年 ●心理学講座 44.00% ●カウンセリング 37.00% ●企業研修 19.00%

◆2015年 ●心理学講座 31.88% ●カウンセリング 54.58% ●企業研修 13.54%

◆2014年 ●心理学講座 41.30% ●カウンセリング 49.10% ●企業研修 9.60%

◆2013年 ●心理学講座 45.00% ●カウンセリング 47.00% ●企業研修 8.0%

◆2012年 ●心理学講座 51.60% ●カウンセリング 38.70% ●企業研修 9.7%

◆2011年 ●心理学講座 31.07% ●カウンセリング 51.78% ●企業研修 17.15%

◆2010年 ●心理学講座 46.00% ●カウンセリング 49.00% ●企業研修 5.0%

◆2009年 ●心理学講座 61.50% ●カウンセリング 36.80% ●企業研修 1.7%

 

 

2017年3月3日
仙台心理カウンセリング&スクール

 

ウィルパワー

|

ウィルパワー

困難があっても、最後までやり遂げる意志の力

 

 
【ウィルパワー】

目標を達成する人は、心をこう鍛えている!

意志力を鍛えるための「日常の習慣」

人生や仕事の成功と関係がある「ウィルパワー」☆

 

 

【希望力を高める要素】


 

「ウェイパワー(Way Power、見通し力」

「ウィルパワー(Will Power、意志力)」

 

ウィルパワー研究の第一人者である、

アメリカ・フロリダ州立大学の心理学者ロイ・バウマイスター博士は、

「ウィルパワーの高さは、人生や仕事での成功と関係がある」と考えています。

ウィルパワーの高さは、学校での成績、仕事でのリーダーシップ、

収入レベル、結婚相手との関係性や心身の健康、そ

してレジリエンスとも相関があると言われています。

 

 

一方で、ウィルパワーが弱ってしまうと、

自制心が発揮できず、過食や過飲、暴力やギャンブルなどの、

ネガティブな行為に走りやすくなります。

やるべき仕事が残っているのに、ついスマホを見たり、

Facebookで時間を費やしたり、

TVやネットを見すぎたりして、無駄な時間を過ごした経験・・

 

 

このように、ウィルパワーは、

目標に向けて何かを成し遂げる前向きな力だけでなく、

目標までの道筋にある「誘惑」に負けない、

自己コントロール力も含まれているのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【成功するために必要なウィルパワー】

 

◆高いウィルパワー
・学業での成功
・リーダーシップ
・収入
・結婚相手との関係性
・健康
・レジリエンス(逆境に負けない)
・・と、相関がみられる。

 

◆ウィルパワーの欠如
・過食、肥満
・喫煙
・アルコール中毒
・非行、犯罪、DV
・ギャンブル、浪費
・人間関係の悪化
・・などのリスクがある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ウィルパワーが消耗してしまうと、

何か有意義な目標を立てても、最後まで続きません。

別のことについ目がいって、

上の空になってしまうことがあります。

食べ過ぎや飲み過ぎ、遊びすぎや買い物のしすぎ、

さらにはタバコの吸いすぎにも関係しています。

アルコールやギャンブルの中毒を招くこともあります。

ウィルパワーはいかに高めるかだけでなく、

いかに「消耗させないか」も同じぐらい大事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このようにウィルパワーには個人差があり、

その違いは人生の大切な時期における

成功や失敗に関係することがあります。

では、もともと自制心が弱い場合は、

社会人になってからもウィルパワーが低いままで、

仕事でも成功できないのでしょうか??

そんなことはありません。

 

研究が進むにつれて、

ウィルパワーは筋肉のようなものであるとわかってきました。

つまり、ウィルパワーは鍛えられるのです。

 

腕や足の筋肉は、運動をすることによって鍛えられますが、

酷使すると 疲労がたまってしまいます。


心の筋肉も同じです。

適切に訓練し活用することでウィルパワーは鍛えられますが、

過度の労働やストレスなどにより、

その力が消耗してしまうことがあります。


また、ウィルパワーのキャパシティは無限ではなく、限りがあります。

バウマイスター博士は「ウィルパワーの出どころはひとつである」と言っていますが、

ウィルパワーを使った後は、充分な休息の時間が回復のために必要です。


 


【ウィルパワーは筋肉】

1、量には限界があり、使うことで消耗する。

2、訓練することで鍛えられ、訓練しないと脆弱化する。

3、鍛錬するためには、短期間に酷使する必要がある。

4、使った後は、回復までの休息が必要。

 

 

※参考文献 「意思力の科学」 
ロイ・バウマイスター/著 (インターシフト)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ウィルパワーが低下する5つの原因

ウィルパワーが枯渇する現象を、

心理学では「自我消耗」と称しています。

自我消耗が起きると、自制心が減り、

自分の思考・感情・行動が制御しにくくなってしまいます。

 

まず大切なことは、

心のスタミナを無駄遣いしない「省エネ」。

そのためには、「自我消耗の原因を理解する」ことから始まります。

無駄遣いする元を断ち切ることです。


 


ウィルパワーの低下の原因には、主に5つあります。

1、「ストレス」

2、「複数の目標を持つこと」

3、「長時間の労働」

4、「血糖値の低下」

5、「決定疲労」

 

 

 

 

筋肉を鍛えるときと同じように、鍛錬することと、

休息をとって回復させることのバランスが大切です。

 

3つのコツ(方法)

1、小さな挑戦

2、運動

3、十分な睡眠

 

 

小さな挑戦の機会は、

日常生活や仕事の中にあふれています。

 

1、姿勢よく歩く

2、足を組まずに姿勢正しく座る

3、悪口や愚痴を言わない

4、毎朝、オフィスの机を片付けてから仕事を始める

 

これらのちょっとした試みが、

大きな意志力の違いを生み出します!

 

::::::::::::::::::::::::

 

 

 

 

※参考文献 「意思力の科学」  ロイ・バウマイスター/著 (インターシフト)

このアーカイブについて

このページには、

2017年3月

に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。