ピグマリオン効果|教育心理学

|

ピグマリオン効果 (ぴぐまりおんこうか) *教育心理学

 

ピグマリオン効果とは、

人の成長は周囲の評価や扱い方に影響を受けるとし、

「周囲がプラスの印象を抱くと、

実際にプラスの方向へと結果が現れる」という、

教育心理学分野における法則。


 

ピグマリオン効果は、アメリカの教育心理学者 

R.ローゼンソール(Rosenthal)が、

1964年に行った実験で実証された。

 

 

彼は、ある小学校で、

「ハーバード式突発性学習能力予測テスト」と名付けたテストを実施。

テストの内容は、実際にはごく一般的な知能テストだが、

教師には今後の成績の向上を予測できる特殊なテストであると伝え、

テストを受けた生徒の中からランダムに抽出し、

学級担任に「この生徒は今後成績が伸びる」と伝えた。

 

そこで選ばれた生徒とその他の生徒の成績の伸びを比較したところ、

選ばれた生徒の方がより高い伸び率を示した。

 

 

この実験によって、

「人は周囲から期待をされると、期待をされない場合よりもより成果を出す」

最終的に成績が向上したという論文をまとめ、

これを「ピグマリオン効果(Pygmalion Effect)」と名付けた。


※「期待」と「成績アップ」には因果関係がある。

 


 

☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆

 

 


☆ピグマリオンとは、

ギリシャ神話にでてくるキプロスの王で彫刻の名人に由来。

 

彼は自分の理想とするすばらしい女性の像を彫り、

あまりの美しさにうっとりしてその彫像に恋をしてしまった。

「ああ、これが血の通った人間であったら・・・」と、

くる日もくる日も思い続けた。

 

愛の女神アフロディーテはこれを哀れに思い、

神通力で彫刻に命を与え、人間にした。

そして2人は結婚し子供までもうけた。

 

そこで「人が心から願うこと期待することがよい結果を生む」として、

ピグマリオン効果と名づけたのが由来。

 

 


ギリシャ神話の伝説から、

強く信じ続けて行えば、

願いは必ずその通りになるというもの。

 

 

何事も現状を否定的に決め付けず、

常に自分の理想とする姿に自信を持って進み続ければ、

やがて予想もしなかったような良い結果が得られ、

理想は現実のものとなる。

 

 

ローゼンソール効果、教師期待効果とも言う。

 

 

願い続ければ、それは現実になるエネルギーを持つようになる。

 

そしてそれはやがて真実になる!

 

(「強く信じ続けることは現実化する」ということを意味)

 

 

 

☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆

 


 


★ピグマリオン効果とは正反対の意味を持つのがゴーレム効果。

 

周囲が誤ってマイナスの印象を抱くと、

実際にマイナスの方向へ結果が現れるという現象。


例えば上述のテストの例とは逆に、

教師が生徒と接する際に、

この生徒は成績の良くない生徒だと思いながら,

期待度の低い状態で接すると、

その期待通りにその生徒の成績が下がることがある。

 

 

「ゴーレム」とはユダヤの伝説にある意思のない泥人形のことで、

ゴーレムを作った主人の命令だけを

忠実に実行する存在であることに由来。


 

 

ピグマリオン効果もゴーレム効果も、

ビジネスの世界においても同様のことが起きます。

例えば、上司から期待されている部下とそうでない部下とでは、

期待をされている部下の方がより良い結果を出している例がある。

 

上司は期待している部下に対し、

コミュニケーションを密にとるため、

その際、直接ノウハウを伝授されたり、

叱咤激励されることで、部下のモチベーションが高まるため。

 

会社で上司の立場にある方は部下を信頼する、

また部下の立場にある方は上司の期待に応え、努力をすることも重要。

 

そうすることでより良い組織づくりが可能となるでしょう。


※ 注) うつ状態の方への叱咤激励や過度な期待は禁忌。

 

 

 

☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆

 

 

 


◆ R.ローゼンソール(Rosenthal)1933 ~

 

米国の心理学者。元・ハーバード大学教授。

1956年カルフォルニア大学で臨床心理の学位を取得。

'57〜62年ノース・ダゴタ大学を経て、

ハーバード大学に移り臨床心理学の講師を務める。

対人行動及びコミュニケーションが研究領域で、

特に日常生活においても観察される実験者効果に関する一連の研究が有名。

生徒の学習成績が教師の抱く期待に影響を及ぼすという、

ピグマリオン効果を共同研究で明らかにしたことで知られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆

 

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆

 

 

 

 

 

 

 

このブログ記事について

このページは、sscが2018年2月22日 00:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モラトリアム|精神分析学」です。

次のブログ記事は「仙台心理カウンセリング9周年(祝^^☆)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。