保護観察所|法務省設置法

|

保護観察所(ほごかんさつしょ)

 

 

法務省設置法及び更生保護法に基づいて設置される

法務省の地方支分部局で、

犯罪や非行を犯し家庭裁判所の決定により

保護観察になった少年、刑務所や少年院から仮釈放になった者、

保護観察付の刑執行猶予となった者に対して保護観察を行う機関である。

 

 

さらに、心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の

医療及び観察等に関する法律(医療観察法)に基づき、

心神喪失等の状態で重大な他害行為を行い、

不起訴や無罪になった者に対する精神保健観察も行う。

 

 

また、保護観察所では、刑務所や少年院に収容されている者が

釈放後に立ち直りに適した環境の中で生活できるように、

本人と家族等と融和を図り、就職先(協力雇用主)を斡旋するなど、

その受け入れ体制を整えておくための環境調整を行い、

刑務所や少年院を満期釈放になるなど

刑事上の手続きによる身体の拘束を解かれた者に対しては、

必要に応じて更生緊急保護の措置を行うほか、

犯罪・非行予防活動の一環として、

法務省主唱による、社会を明るくする運動をはじめ各種の活動を行っている。

 

 

 

保護観察所には、

常勤職員として保護観察官および社会復帰調整官の他、

更生保護に携わるボランティアとして保護司、

更生保護法人役職員、更生保護女性会員、

BBS会(Big Brorhers and Sisters Movement)会員などがいる。

 

 

 

 

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆

 

 

 

 

 

◆自立準備ホーム(じりつじゅんびホーム)

 

日本の法務省の「緊急的住居確保・自立支援対策」にもとづいて、

人々に一時的に住居を提供し、自立を促す施設のこと。

 

 

 

【概説】

 

刑務所を出所したものの行き場所が無い人、

野宿状態(いわゆるホームレス状態)になってしまった人、

独り暮らしで薬物依存症やアルコール依存症になってしまった人、

などを受け入れ、一時的に住居を提供し、再起を助ける民間施設である。

 

NPO法人などが、

あらかじめ保護観察所に自立準備ホームとして登録し、

受託する形で運営している。

 

各法人はそれぞれの特徴を生かして自立準備ホームを運営している。

 

施設の形態は様々のものがあり、

複数の人がひとつの部屋を共同で使うタイプもあれば個室の場合もある。

 

普通のアパートを借りてそれを利用している場合もある。

ただし、いずれの形態であれ自立準備ホームの職員が

毎日 生活指導や集団ミーティング(カウンセリング)などを行うことで、

自立を支援している。

 

 

◆制度開始までの経緯

 

日本では以前から更生保護施設があるが、それでは不十分であった。

日本では、刑務所からの出所者は、

多くが仕事も無く十分な生活資金も無い状態のまま

「出所」して(つまり日本の「社会」に放り出されてしまって)おり、

住居が無い状態のため、

自立に必要な仕事を得ることすら困難な状態に追いやられ、

結果として、

本人に特に落ち度がなくても再犯せざるを得ない状態に追い込まれる状態にある。

 

法務省の統計によると、

2009年の満期釈放者計15,324人のうち、

約6,700人(43.8%)に帰住先が無く、

仕事も無く十分な生活資金も無い状態のままで出所していた。

いわゆる「居場所」の無い空間、

生きてゆくすべのない空間、に放り出されてしまっていた。

 

2009年の数字を見てみると、

14万431人の検挙者のうち42.2%が再犯者であった。

検挙者に占める再犯者の割合は1997年から上昇し続けた。

 

日本政府が充分な支援策を設けておらず、

人々を再犯に追いやる悪循環が起きてしまっている。

 

そこで法務省は、2011年5月に、

問題の抜本的な解決策として、

新たに「自立準備ホーム」のしくみを設定した。

 

「緊急的住居確保・自立支援対策」において

「保護観察に付されている者及び更生緊急保護の対象となる者

(「保護観察対象者等)であって、

適当な住居の確保が困難な者について、

更生保護施設以外の宿泊場所に宿泊させて行う措置を委託する」

としたのである。

 

また自立準備ホームは

「応急の救護等及び更生緊急保護」の為の施設としても利用できる、とした。

検事拘留された後、帰る場所の無いホームレスの人がその対象になる。

 

2011年4月に宮崎県の民間団体が

全国で初めて「自立準備ホーム」の運営を受託した。

2011年5月末時点で、登録団体(23の都道府県)にあり、計36団体となった。

 

 

 

 

 

※参考文献


法務省パンフレット

「自立のための一時的な宿泊場所について(厚生保護施設・自立準備ホーム)」

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆

 

 

 

 

 

 

このブログ記事について

このページは、sscが2018年4月 2日 00:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「矯正施設|法務省」です。

次のブログ記事は「少年院|少年院法2015(H27)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。