心理療法

|

風景構成法

 

 

風景構成法は、

1969年に精神科医の中井久夫氏によって考案された

アートセラピー(芸術療法)のひとつです。

 

11のアイテムを画用紙に描き込み、

セラピストがそれを分析したり、

絵を元にそれを象徴するイメージを聞き出したりします。

 

考案時は主に統合失調症の患者の現況を非言語的に把握するために用いられていました。

 風景構成法における分析は

「箱庭療法に準ずる」とされています。

風景構成法はその前進となる箱庭療法を、

より簡易的に実施できるように工夫されたものとも言えます。

 

 

完成した作品をもとにセラピストとクライアントが対話をすることで、

今まで見えていなかった自分自身の特徴や葛藤に気づいたり、

絵をきっかけとして悩みが言語化されます。

それぞれのアイテムには問題の象徴が隠されていると定義され、

それをセラピストが聴き出し見立てることに役立てます。

 

 

また、セラピストの指導の下で絵の書き換えを行うこともあります。

絵の気になる一部分を描き変えることで、

無意識的な心象イメージが変わり、

実際のこころの状態にも変化が起きることが期待されています。

 

箱庭療法と同じく、

新たな心理療法の発達や、

社会の多様性によって絵を分析すること自体に疑問の声が挙がることが多くなりました。

その結果、風景構成法を取り入れている病院や施設はほとんどありません。

 

ワークショップの一環やレクリエーションとして楽しまれる場面が増えている手法です。

 

 

 

 

風景構成法の進め方

 

1)道具を用意する
 アートセラピストがクライアントの前で画用紙の四方をサインペンで枠取りします。
そして、その画用紙とサインペンをクライアントに手渡します。

2)アイテムを描き入れる
 アートセラピストが11のアイテムを伝え、画用紙に好きなように描いてもらいます。

『川→山→田→道→家→木→人→花→動物→石(岩)→足りないと感じるアイテム』

3)着色
アイテムが描き終わったらクレヨンで着色をして完成です。

 

 

 

 

☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆

 

 

 

 

内観療法


内観療法では、クライエントは研修所に1週間こもって、

自分の身近な人々(母、父、配偶者、子ども、職場の人々など)との関係を、

1.世話になったこと、

2.世話をして返したこと、

3.迷惑をかけたことの3点に絞って想起します。

 

 

※1~2時間ごとに3~5分、1日8回、カウンセラーとの面接があり、

内観した内容を簡潔に報告します。


内観がうまくいくと、

自分の自己中心性が自覚され、

周囲の人々からの愛情に感謝できるようになります。

 

 

結果、情緒が安定し、

思いやりが出て、対人関係が好転し、

本来の自己を取り戻すきっかけになります。


内観療法は親子や夫婦や職場の人間関係の不和、

非行・不登校・うつ状態・アルコール依存、

心身症などの問題の改善に効果があります。

 

※すぐ効果が現れない場合もありますが、

後から効果が出てくることもあります。
 

 

 

 

 ☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆

 

 

 

 

箱庭療法


箱庭療法は、セラピストが見守る中、

クライエントが自発的に、

砂の入った箱の中にミニチュア玩具を置き、

また砂自体を使って、自由に何かを表現したり、

遊ぶことを通して行う心理療法です。

 

通常、箱庭療法だけを独立して行うことはなく、

言語的面接や遊戯療法のなかで、適宜用いられる方法です。


この療法では、砂やミニチュア玩具のイメージを活用してアイデアを広げ、

上手下手ではなく、

具体的な現実生活に近い表現から抽象的な非現実的な表現まで可能です。

言葉にならない葛藤、イメージを表現しやすいのです。

 

 

意識していることだけでなく、

気がついていなかった自分の心身の状態や動きが直接的に感じられ、

自分の心の中との対話・対決へと通じ、自己理解と人格的変容が促されます。

 

子どもから高齢者まで、自己啓発の目的から神経症、心身症、

パーソナリティ障害などにみられる心理的課題まで、

幅広く用いられていますが、

実施については、クライエントとセラピストと相談しながら進めます。

 

 

 

箱庭療法(Sandplay therapy)は、

カルフ(Kalff,D,M.;1904-1990)が

メラニ-・クライン(Klein,M.;1882-1960)の弟子だった

ローウェンフェルト(Lowenfeld,M.;1890-1973)の

「世界技法」(The World Technique)をもとに、

ユング(Jung.C,G.;1875-1961)の

分析心理学の考え方を加味して発達させたものであり、

1965年に河合隼雄(1928-)によって日本に紹介された。

 

 

河合隼雄(かわいはやお)(1969)は、

「箱庭療法の特徴を遊戯療法と絵画療法の

中間にあるものとして把握することができる。」

と述べている。

 

空間が箱という形で限られていることで、

クライエントは、保護された空間の中で安心することができる。

そして、与えられた多種多様な玩具を使うことで、

自由に自己を表現することが可能である。

 

このようにすることによって箱庭療法は、

クライエントの自己治癒力を引き出すことができるのである。

 

また、箱庭療法において箱庭は、治

癒者とクライエントとの間に媒介として存在する。

対面法という治癒者とクライエントの2者の関係から、

箱庭が入ることによって三者関係になる。

 

岡田(1984)は、

箱庭が治癒者とクライエントの関係の潤滑油になると述べている。

 

3者関係になったことで、それぞれが相互作用し、ク

ライエントの自己治癒力を高め、治癒に向かっていくのである。

 

 

河合(1982)は、

箱庭療法は日本人に適していると述べている。

非言語的な自己表現が日本人に向いているのだろう。

現在、日本では箱庭療法が広まり、

言葉で上手く表現することができない児童から大人に至る

幅広い年代に適用され、効果をあげている。

 

 

光元(2001)は、箱庭療法は心理療法の場面で用いられ、

言葉という象徴ではまだうまくとらえられないでいる自分自身の全体性、

もしくは自分が他者や世界と関わっている姿の全体を、

箱・砂・パーツといった言葉以外の象徴表現でとらえようとする試みであるとし、

箱庭を用いた表現を広く〈箱庭表現〉と呼び、

心理療法の場で箱庭表現がなされる場合を〈箱庭療法〉と呼ぶとしている。

 

 

 

 

 


☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:* .。.:*・゜☆

 

 

 

このブログ記事について

このページは、sscが2018年4月21日 00:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PM理論|三隅二不二」です。

次のブログ記事は「学習理論|バンデューラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。