心理学: 2015年1月アーカイブ

フォーカシング2

|

フォーカシング focusing| ユージン・ジェンドリン


◇フォーカシング、焦点合わせ、照準づけ focus(s)ing

 


まず、気がかりなことを思い浮かべる。

それを頭がどう理解しているかではなく、
身体の中で感じられている感覚に注意を向け、
問題を全部包み込んでいる丸ごと、
全体としての一つの大きな気分を感じるようにする。

経験・体験そのものに触れる事によって、
そこから自然に示されてくる意味に気づき、
新しい力や方向性を得るように導く心理療法。

 


◆フォーカシングは心理療法のひとつであり、
自己理解と体験学習を促すための方法である。

1960年代から、アメリカのジェンドリンによって開発され、
他にはヒンターコック法などもある。



「体験学習」を具体的に言えば、人間の内的変容である。

内的変容とは、外界の出来事にとどまることなく

内面深く物事を感じ取ることにより、

問題解決を生み出す現象を意味している。

 

 


1、フォーカシングの準備

まず、フォーカシングにどれくらい時間が取れるかを予測してください。
30分くらい取れれば理想的ですが、10分でも十分効果があります。
10分のフォーカシングでは後半2分程度が終了のために使われます。
30分であれば5分くらいです。

そして、寒くなったりしないように場所の温度を調整するか上着を着て調整します。
フォーカシングの内容をメモするために、
筆記用具を用意したり、ICレコーダーを用意してもいいです。

※時間はあくまでも目安のですので、
フォーカサーの感覚で調整して構いません。

 


2、問題を思う

フォーカシングの入り方は2つあります。
・一つは問題を決めて始める方法です。
・漠然と身体からわき上がるフェルトセンスを待つ方法です。

この場合、今抱えている問題が対象になり、
意識していないものになることもあります。
ここでは、問題を決めて始める方法をとります。

深呼吸を2回して、問題を思います。深呼吸2回というのは、
身体への条件付けですので別の方法でも構いません。
深呼吸2回がフォーカシングのスタートだと身体に思いこませれば、
いつでも簡単にフォーカシングにはいることができるようになります。

前回中断したフォーカシングの続きをする時も、
中断した問題を思ってそこから始めることができます。
※毎回同じように入ることで、状態を作りやすくなります。
アンカーとかルーティーンなどと呼ばれます。

 


3、体の内側に注意を向ける

自分の注意を身体の内側に向けます。
多くの場合、フェルトセンスは胃や、みぞおち、胸、のどなど、
身体の中心線に沿って現れることが多いです。

上下に往復してフェルトセンスがないか探してみます。
それでも見つからない場合は、
身体の中心線から離れたところも探していきます。

瞑想慣れしている人の場合、
身体感覚がなくなってしまうとフォーカシングになりませんので、
その場合は目を開けてみたり、
身体を揺すってみたりして身体の感覚を維持してください。

 


4、気になる感じを見つける

フェルトセンスが見つかったら、他にもないか探してみます。
いくつも出てくる場合もありますし、一つしか出てこない場合もあります。
複数出てきた場合は、同時に扱うべきかどうか、体に聞いてみてください。

扱うべきでない場合や、多すぎる場合は、
クリアリング・ア・スペースの方法で対象のフェルトセンスを絞ります。

 


5、見つかった感じを客観的に見つめる

見つかったフェルトセンスを客観的に認めるために、
「こんにちは」と挨拶をします。

フェルトセンスは、あなたの中に、そう感じる部分があるということです。
挨拶をすることは、存在を認めることです。

 


6、その感じを比べる

挨拶をしたフェルトセンスについて、名前を付けます。
名前を付けたら、その名前を身体に戻して確認します。

つまり、そのフェルトセンスに、【あなたを○○って呼んで良いかな?】という風にです。

リアクションとしては、
・しっくりいく感じがする。
・一部分がしっくりいく感じがする。
・しっくりいかない。
の3つくらいがあります。

しっくりいく感じがするまで、ぴったりの名前を探します。

この名前がしっくりいかないと、
うまくコミュニケーションが取れない場合が多いので、
面倒がらずに最適な名前をつけましょう。

 


7、ゆっくりと付き合う

しっくりいく名前が見つかったら、その隣に座ってみます(イメージで構いません)。
相手(フェルトセンス)が話をしてくるかどうか少し待ってみます。
話しかけてこなければ、「○○さん(つけた名前)、こんにちは」と言ってみます。

 


8、聞いてみる

フェルトセンス側から見るとフォーカサーは外から近づいてくるものです。
こちらと同じ感覚をフェルトセンスが持っているとは限らないので聞いてみます。
フェルトセンスと仲良しになれると、
この後のフォーカシングを進めることがとても楽になります。

 


9、質問する

○○について質問する段階です。

例えばフェルトセンスが怖がっているようであれば、
「どうして怖がっているの?」と聞いてみる。

いろいろと話をした(コミュニケーションが成立した)後に
「それには何が必要なの?と尋ねてみます。

そして、「『何もかも大丈夫』になったら、
どんな感じか教えて欲しい」と身体に頼んでみます。

フェルトセンスとフォーカサーが協力して問題を理解していきます。

 


10、終わりにする

問題についてお互いの理解が得られれば、終了になります。

セッションを終わりにする時はフェルトセンスを尊重して
「あと1,2分で終わりにしても大丈夫かな?
それとももっと私に伝えたいことがあるかな?」と聞いてみます。

ここで、一気にセッションが進む可能性もあります。

終わりにする時に、まだ解決する問題があると言うことであれば、
次回また戻ってくることをフェルトセンスに伝えます。

それには、「また戻ってくるからね」と伝えるだけでOKです。

 

 

11、最後に

「私につきあってくれた部分と私の身体に感謝します」と、
感謝の気持ちを伝えます。

この手順は今後のフォーカシングをスムーズに進めるために必要なことです

 

 

 


以上のような体験過程を経て、内的変容に至る心理療法をフォーカシングという。

【ユージン・ジェンドリン Eugene T. Gendlin】 (1926年-~)

・アメリカの哲学者・臨床心理学者で、体験過程(Experiencing)理論を提唱し、

フォーカシング(Focusing)を創始した。
 

 

 

 

※【参考文献】


「カウンセリング大事典」2004 小林司/編 新曜社
「フォーカシング」1982 ユージン・ジェンドリン 福村出版
「やさしいフォーカシング」1999 アン・ワイザー・コーネル コスモス・ライブラリー出版


 

このアーカイブについて

このページには、

2015年1月

以降に書かれたブログ記事のうち

心理学

カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは心理学: 2011年4月です。

次のアーカイブは心理学: 2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。