トッププロフィールNEWSBLOGお客様の声会社概要お問合せ・お申込み
無意識(潜在意識)と意識(顕在意識)

意識には、私たちが意識している部分と意識していない部分があります。
意識できる部分を意識(顕在意識)といい、
意識していない(または意識できない)部分を無意識(潜在意識)と呼んでいます。

【日常での具体的な事例】*仕事de失敗編☆

「しまったなぁ~課長になんて言い訳しよう・・」と必死で考えるのは意識(顕在意識)
課長に突然呼び出され、いきなり「こらぁ!田中っ!これはどういう事だ(怒)」と
怒鳴られた時「あ、課長、それは佐藤がそうしろと言ったので・・」と瞬間的に事実ではない言い訳を創作するのが無意識(潜在意識)。


無意識とは、意識下に閉じ込めた衝動や欲求 |フロイトとユングの理論

・フロイトが提唱した精神分析学やユングが提唱した分析心理学では「意識できていない領域」を指している。
・理由のない不快感、言い間違えや物忘れなど、無意識は心の奥深くからささやきかけ私たちの日常生活に影響を及ぼす。

●フロイトの無意識 『フロイトの心の構造論』

【ジークムント・フロイト(Sigmund Freud、1856.5.6~1939.9.23】
オーストリアの精神分析学者。オーストリアの白人系ユダヤ教徒アシュケナジーの家庭に生まれた。神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、自由連想法、無意識研究、精神分析の創始を行い、さらに精神力動論を展開した。


図1『フロイトの心の構造論


ユング

【フロイトによる「こころ」の解明】

・人間の心とは何か?一口に解明できない不思議な存在。
フロイトは人間のこころを「意識、前意識、無意識」の三層構造によるものと考えた。

●【意識】とは、眼で見たり、考えたり、感じていることに気づいていることで、自分が何をしているのか(行動)、何を考えているのか(思考)が自身でわかっていることをいう。

●【前意識】とは意識の下にあるが、思いだそうとすれば意識の世界に呼び戻せる領域のことをいう。昨日あった出来事や、過去に出会った人の名前を思い起こす際に、なかなか思い出せないが、しばらく考えたり、注意を集中していると思いだすことができる。このように、今は意識していないが、注意や意志によって思い出せる心の世界である。

●【無意識】とは、意識の奥底にある深い層のことで、意識から最も遠い領域である。これは、夢や催眠、精神分析によって意識されるようになり、人間行動の源泉や動機となっている。


フロイトの無意識

・こころの中での意識されない部分を「無意識」と呼ぶ。私たちは普段、自分の行動や考え方、喜怒哀楽の感情の動きなどを自分で確かに関わっていると感じている。しかし、常に理性的に見える人でも、何気なく起こす行動もあれば、気持ちと裏腹な行動を起こす場合も少なくない。これは意識的に自覚されたこころの動きも、実はその下にある様々な衝動や欲求に動かされているからである。

無意識の領域に隠れている本能や衝動が心全体を動かしているのである。
人間も動物である以上、生れながらの本能や衝動、欲求などは本来、生きるためのエネルギー(リビドー)になるはずだが、社会によってコントロールされ抑圧されて、意識の世界から排除される。しかし無意識の領域に閉じ込められても、それらは絶えず意識に進出し再生しようとする強い力を持っているので、その人の意識や行動が操られるのである


無意識の意識化:心理療法

フロイトは精神科医の立場から幼児期の意識にとって受け入れることができないような願望や情動を無意識の領域へと抑圧した結果、神経症が発症するのだと考えた。意識と無意識にある心的エネルギー(本能運動=リビドー)を量的な観点からとらえると、全体のエネルギー総量は一定なので、意識の領域が小さくなれば、無意識の領域は大きくなる。
つまり、意識から排除された心的内容は消失するのではなく、無意識のエネルギーとして心の中に保っているとフロイトは考えた。無意識層に抑圧されている情動には、性欲や攻撃欲、感情を伴った観念や記憶などがあるとされている。心理療法は「無意識を意識化するプロセス」である。


※参考文献

・「図説 現代心理学入門」2007年 金城辰夫/監修 培風館
・「よくわかる心理学」尾形桂晃/著 池田書店
・「臨床心理学」松原達哉/著 ナツメ社
・「フロイトからユングへ~無意識の世界~」鈴木昌/著



【ユング心理学の特徴】ユング心理学(分析心理学)は、他派と比べ心理臨床において夢分析を重視する。
夢は集合的無意識としての「元型イメージが日常的に表出している唯一の現象」
集合無意識とは、個人の経験の領域を超えた人類に共通の無意識領域のことを言う。

ユング心理学の夢解釈がフロイトの精神分析と異なる点は、無意識を一方的に杓子定規で解釈するのではなく、クライエントとセラピストが対等な立場で夢について話し合い、その多義的な意味・目的を考えることによって、クライエントの心の中で巻き起こっていることを治癒的に生かそうとする点にある。また日本のユング心理学はその心理臨床において『箱庭療法』を積極的に取り入れたことでも知られている。


ユングの無意識

※図2『ユングの心の構造論』フロイト

【顕在意識】普段の生活の中で自覚できている意識。
【潜在意識】自覚されることなく、行動や考え方に影響を与える意識。
【集合無意識】個人の経験の領域を超えた人類に共通の無意識領域。

【ユング(1875.7.26~1961.6.6)】(カール・グスタフ・ユング "Carl Gustav Jung" )
スイスの精神科医・心理学者。深層心理について研究し、分析心理学の理論を創始した。1948年に共同研究者や後継者たちと共にスイス・チューリッヒにユング研究所を設立しユング派臨床心理学の基礎と伝統を確立した。またアスコナで開催されたエラノス会議において主導的役割を演じることで、深層心理学・神話学・宗教学・哲学など多様な分野の専門家・思想家の学際的交流と研究の場を拓いた。

●精神科医であったユングは当時の精神医学ではほとんど治癒出来なかった各種の精神疾患に対する療法の確立を目指し、ピエール・ジャネやウィリアム・ジェームズらの理論を元にした心理理論を模索していた。フロイトの精神分析学の理論に自説との共通点を見出したユングはフロイトに接近し、一時期は蜜月状態となるが、徐々に方向性の違いから距離を置くようになる。フロイトと別れた後は、人間心理はフロイト式の抑圧感情に還元され得る部分も存在する事は認めつつも、それは局面の一つ以上ではないと考え、フロイトが想定したよりも遙かに広く大きいものとして無意識を再定義した。

●ユングの患者であった精神疾患者らの語るイメージに不思議と共通点がある事、また、それらは世界各地の神話・伝承とも一致する点が多い事を見出したユングは、人間の無意識の奧底には人類共通の素地(集合的無意識)が存在すると考え、この共通するイメージを想起させる力動を「元型」と名付けた。また、晩年、共時性(シンクロニシティー)の概念を提起した。

※参考文献

・「図説 現代心理学入門」2007年 金城辰夫/監修 培風館
・「よくわかる心理学」尾形桂晃/著 池田書店
・「臨床心理学」松原達哉/著 ナツメ社
・「フロイトからユングへ~無意識の世界~」鈴木昌/著




=============================================
カウンセリング知識TOP
防衛機制
無意識
自動思考
機能不全家族
共依存
アダルトチルドレン
健全な人間像
健全な人間関係
コミュニケーション度(赤ずきん)
あなたの積極度(ピーターパン)
お姫様でわかるあなたのタイプ